港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

「錦が丘」の記事一覧

菊名駅に近接する閑静な住宅街「錦が丘」は、皇太子の誕生を祝って昭和9年に植えたられた桜やカエデの街路樹と、中心部にあるロータリーやが街のシンボル。緑の多い住宅街として高い評価を得るエリアです。

港北区民にもっとも利用されている駅は「綱島」でした。このほど港北区がまとめた4年ぶりの「区民意識調査」では、通勤・通学先や交通手段の利用頻度についても尋ねており、「普段最もよく利用する駅」として、乗降客数では多い日吉(1 …

横浜市が運営する在宅介護支援と“誰もが利用できる”交流施設「大豆戸地域ケアプラザ」(大豆戸町316-1)の最新情報を掲載します。 *最新の広報紙「まめのき」(2017年4月~6月号=第63号)はこちらのリンク(前回の大豆 …

菊名駅西口に近い篠原北1丁目の「ギャラリー&スペース弥平(やへい)」で2010年から行われてきた「憲法を書き展示する会」が進化し、今年(2017年)は憲法を考えるイベントとして、ドキュメンタリー映画上映と監督を招いてのト …

菊名駅西口で宅地価格の上昇率が高くなっていることが2017年1月1日現在の公示地価でわかりました。今月(2017年3月)21日に国土交通省が発表したもので、港北区内では宅地45地点のうち前回実績のない1カ所を除き全地点で …

このほど菊名や大倉山などにある東急電鉄の自動券売機の機能が進化し、今月(2017年3月)25日(土)から運転を開始する全車指定席の観光列車「S-TRAIN(トレイン)」(みなとみらい線~横浜~渋谷~西武秩父)の指定券が購 …

菊名駅西口に近い篠原北1丁目の「ギャラリー&スペース弥平(やへい)」では、昨年(2016年)11月から始めた「菊名で落語」の第2回を今月(2017年2月)26日(日)14時から開かれます。 今回は次代を担う実力派真打とし …

約半世紀前に港北区の小学3年生に使われていた社会科の副読本「わたしたちの港北区」という資料がインターネット上に公開され、誰でも読めるようになっていることがわかりました。高度経済成長期に使われ始めたというこの資料集。今読む …

港北区では今月(2017年)1月から「広報よこはま」の港北区版について、誰もが自由に活用できる「オープンデータ」とし、公式サイト上にテキスト(文字)形式のデータを公開しました。 オープンデータは、行政が持つ統計や資料など …

東急電鉄は全線でのホームドア設置状況を一覧できる「あなたの駅にも、安心を。ぞくぞくと、ホームドア」と題した専用ページを昨日(2017年1月)23日(火)に公開しました。東急では2020年までに東横線・田園都市線・大井町線 …

港北区内で胴長短足の海外犬「ミニチュア・ダックスフント」がいなくなった人はいませんか?――。横浜市動物愛護センターは、きょう(2017年1月)23日(月)に港北警察署が保護したミニチュア・ダックスフントの写真を公開しまし …