港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

「大豆戸町(大倉山側)」の記事一覧

大倉山駅に近い大豆戸(まめど)町は、港北区役所や港北消防署などがあるエリアです

各地域での青少年の指導育成を行う港北区青少年指導員協議会は、今月(2017年3月)18日(土)の夜に港北公会堂にて、港北高校のOBで日本体育大学を経て、現在は航空自衛隊唯一のアクロバットチーム「ブルーインパルス」で飛行隊 …

横浜市営バスの「通学定期券」の購入要件が緩和される方針であることがわかりました。来年(2018年)3月からは、高校や専門学校、大学などに在籍していれば利用目的を問わず通学定期券を買えるようになるといいます。昨日(2017 …

約半世紀前に港北区の小学3年生に使われていた社会科の副読本「わたしたちの港北区」という資料がインターネット上に公開され、誰でも読めるようになっていることがわかりました。高度経済成長期に使われ始めたというこの資料集。今読む …

キッズ・ダンスの先生は「銀行員」から「プロ・ダンサー」へ華麗なる転身――大倉山駅から徒歩2分。0歳児から楽しめるキッズ・ダンススクール「横浜ベビーヒップホップスタジオ(横浜BABY HIPHOP STUDIO)」(大倉山 …

今年2017年に「創業10周年」や「30周年」を迎える企業の数は、神奈川県内で港北区内がもっとも多いことが帝国データバンクの横浜支店の調査で分かりました。 同調査によると、創業10周年が82社で県内トップ。30周年は川崎 …

港北区では今月(2017年)1月から「広報よこはま」の港北区版について、誰もが自由に活用できる「オープンデータ」とし、公式サイト上にテキスト(文字)形式のデータを公開しました。 オープンデータは、行政が持つ統計や資料など …

港北区内で胴長短足の海外犬「ミニチュア・ダックスフント」がいなくなった人はいませんか?――。横浜市動物愛護センターは、きょう(2017年1月)23日(月)に港北警察署が保護したミニチュア・ダックスフントの写真を公開しまし …

港北区役所は今年4月1日から勤務となる戸籍課の窓口サービス員の募集を今月(2017年1月)6日から開始しました。対象者は採用時の年齢が満45歳以上から満65歳未満で、身分は1年契約(更新あり)の非常勤特別職職員(嘱託員) …

2017年の正月三が日も終わり、きょう(1月4日)から役所などの公共施設も通常通り窓口が開き、休止となっていたごみ収集も再開となります。「燃やすごみ」の収集間隔が開いている横浜市内の地域では、臨時収集も予定されています。 …

2017年の正月期間に新横浜・菊名・小机・新羽・大倉山エリアで開いているスーパーや大型店の情報をまとめました。元旦も営業する大型店は、「新横浜プリンスペペ」「MEGAドン・キホーテ新横浜店」「オリンピック大倉山店」「ヨー …

港北区役所の区政推進課は、このほど公式のFacebookページを開設しました。先月(2016年11月)21日から投稿を開始しており、区内のイベントや見どころなどを掲載しています。 「こうほくvr(港北区360度写真)」と …

オレオレ詐欺、還付金詐欺などの被害額が過去最悪のペースになっています。神奈川県警港北警察署管内(横浜市港北区内)の特殊詐欺の今年の被害は、2016年12月21日現在、約60件・約2億8700万円余りにも達してしまいました …