港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

「大豆戸町(大倉山側)」の記事一覧

大倉山駅に近い大豆戸(まめど)町は、港北区役所や港北消防署などがあるエリア。環状2号線と綱島街道が交わる「大豆戸交差点」で知られています。菊名や新横浜側の大豆戸町とは菊名6・7丁目を挟んでいるためつながっていません。

港北区内の待機児童数は今年(2018年4月)1日現在で15人であると横浜市が発表しました。待機児童の定義は昨年(2017年)10月の集計から見直され、育児休暇中で復職意思のある親の子が認可保育所に入れなかった人の数も含ま …

大倉山駅の周辺エリアで来年(2019年)4月に3つの認可保育所が新たに設けられる予定です。横浜市は今週(2018年4月)24日、来年度に開園予定の保育所一覧を公開し、港北区内で5園を整備することを明かしました。 来年度( …

港北区民らが主催する「こうほくシアタープロジェクト」は今月(2018年3月)25日(日)午後に未就学児から大人まで楽しめる舞台「おはなしの森へようこそ」を港北公会堂で開きます。 おはなしの森のへようこそは、絵本のストーリ …

恒例の“子連れファースト”なクラシックコンサートとして知られる「おかあさんといっしょに0歳からのクラシックコンサート~愛するこどものうた17」(kiの会主催)が今月(2018年3月)18日(日)に港北公会堂で開かれます。 …

横浜市が運営する在宅介護支援と“誰もが利用できる”交流施設「地域ケアプラザ」からの最新情報のお知らせです。情報のご提供をいただきました港北区内の<地域ケアプラザからのお知らせ>としてまとめて掲載します。施設のご利用や詳細 …

高い確率で起こるとされている大地震に備え、生き抜くための知識が学べます。港北区医師会と神奈川県医師会は来月(2018年3月)1日(木)に港北公会堂で「都心直下型地震を生き抜く医療・栄養・排泄の知識」と題した講演会を開きま …

観光拠点である新横浜エリアで「民泊」は活発になるのでしょうか。自宅などの民家を宿泊場所として有償で貸し出すことを認める法律が約4カ月後の今年(2018年)6月15日から施行されます。横浜市内では独自に住宅地域で平日は貸し …

かつて3店あったガソリンスタンドがすべて消えてしまうことになってしまいました。大豆戸交差点に残っている「ENEOS(エネオス)」の新横浜サービスステーション(大豆戸町)が来月(2018年3月)末で閉店することを店頭で告知 …

絵画に情熱を注ぎ、地域でもその輪を広げる活動を続けている元サラリーマンが世界から注目を集めています。岩手県出身、大手生命保険会社でサラリーマンとしての経歴も積んだ港北区日吉在住の佐々木義文(よしふみ)さんは、2009年に …