港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

「大豆戸町(菊名寄り)」の記事一覧

菊名駅の西口側に近いエリアの大豆戸(まめど)町(菊名大豆戸)の情報です。八杉神社や大型マンションの菊名ハイツが位置しています。

新横浜駅近くにある「篠原城(城址)」を舞台とした“語りの楽劇(音楽と劇)”が今週末(2017年10月)28日(土)と29日(日)に港北公会堂で上演されます。女優の五大路子さんの語りとともに、元NHK交響楽団首席奏者として …

港北区内の駅近くで認可保育所が足りません。横浜市は2年後の2019年4月に整備する保育所について、今月(2017年10月)現在の「整備が必要な地域」として大倉山駅や妙蓮寺駅の周辺に加え、新横浜駅から徒歩10分以内の篠原町 …

昨年(2016年)1月に樽町2丁目の「菖蒲(しょうぶ)園前」バス停(公園側)付近の地下に埋められた水道管のバルブが破損し、水が道路上にあふれ出した漏水被害では、復旧に1年以上の時間と約3億5000万円の費用がかかり、原因 …

菊名7丁目の環状2号線沿いにある自動車教習所「菊名ドライビングスクール」では、地域感謝と交通安全がテーマのイベント「きくどら祭」が今月(2017年10月)15日(日)に開かれます。 今年で15回目を迎える菊名地域の恒例イ …

菊名駅西口の迷路のような出入口がようやく解消されそうです。2014年からバリアフリー化工事が行われている菊名駅について、横浜市は今年(2017年)12月にエレベーター新設などによるバリアフリールートの供用(使用)を開始す …

恒例の「菊名ウォータープラザまつり」は今週土曜日(2017年10月14日)の10時から15時まで、水道局の庁舎である「菊名ウォータープラザ(旧水道局菊名庁舎)」(大豆戸町)で行われます。 今年で10回目となる同イベントは …

日本初の近代水道が1887(明治20)年10月に横浜で生まれてから130年を迎え、記念イベントの一つとして港北区内で水道工事現場を見学するというめずらしいツアーが来月(2017年11月)15日(水)の午前中に行われます。 …

川崎鶴見臨港バス(臨港バス)は来月(2017年11月)で創立80周年を迎えます。記念企画として「バス会社では類を見ない」(同社)という「運賃無料デー」を11月19日に設定するほか、公式キャラクターや企業ロゴの新設も行われ …

新菊名橋バス停近くにある「大豆戸地域ケアプラザ」と「港北国際交流ラウンジ」では、今年(2017年)で17回目となる秋の人気イベント「ワクワクまつり」が今週末(10月)8日(日)の10時から15時まで開かれます。入場は無料 …

相鉄線からのレールが新横浜へ向かって伸びてきています。鉄道・運輸機構の東京支社はこのほど、「相鉄・JR直通線」と「相鉄・東急直通線」の工事状況などを伝える広報紙「神奈川東部方面線だより」の2017年9月号を発行しました。 …

大倉山と菊名間の意外な場所で靴を購入することができる驚きのディスカウント・セールが初開催――恵比寿ガーデンプレイス内に本社を置き、有名百貨店や大規模アウトレット、港北ニュータウンのショッピングモールにも2店舗、計7つの店 …

きたせん馬場出入口は今どうなっているのか――。2020年3月末までの完成に向けて工事が進められている首都高速道路「横浜北線(通称:きたせん=K7)」の馬場出入口(鶴見区)で、トンネル掘削の様子がNHKのドキュメンタリー番 …