港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

「公共施設」の記事一覧

新横浜エリアを中心とした港北区内の公共施設に関する話題を集めています。

港北区内で美術を通じ、地域に密着しながら教育・芸術・文化支援を行う目的で活動する「港北美術区民会」は、きょう(2018年6月)20日(水)から23日(土)10時から18時(初日は13時より、最終日は16時)まで、港北公会 …

日産スタジアム

横浜市は日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の芝生張り替えについて、今月(2018年6月)26日(火)から30日(土)までの5日間の予定で行うと発表しました。 今回張り替える芝は、天然芝と人工芝を組み合わせて育成した「ハ …

港北区は小机駅近くにある「城郷小机地区センター」(小机町)の実際の運営を担う指定管理者の公募を今月(2018年6月)29日まで行っています。 指定管理者は、市などの行政機関が開設した公的施設の運営を民間企業や団体などが担 …

“暴れ川”と呼ばれ、幾度も大倉山や綱島に大きな水害をもたらしてきた鶴見川はなぜ「安全な川」になったのでしょうか。鶴見川流域センター(小机駅から徒歩10分)では、川の歴史や都会に残された自然環境をテーマとした講演会「鶴見川 …

日産スタジアムの東ゲート(新横浜駅側)のスタンド下にある「横浜市スポーツ医科学センター」では、「スポーツ版人間ドック」の受診と今年(2018年)10月下旬に行われる「横浜マラソン」の出走権利がセットになった特別企画を今月 …

新横浜都心エリアと日吉・綱島の港北区内にある小学校11校に非常時の電力確保や省エネルギーなどを目的とした“仮想発電所”が設置されることになりました。同エリアは、低炭素化(CO2排出量削減)や先進的な取り組みを行う「環境モ …

65歳以上の割合が全人口の2割以上を占める「超高齢社会」を迎えるなか、港北区内では病院へ入院することが他区と比べより厳しい状況にあります。人口10万人当たりの病床数が周辺ワーストの状況です。 一方で診療所(クリニック)や …

大倉山駅のリニューアルがあと一息で完成となりそうです。2015年にホーム屋根の改修が行われたのに続き、昨年(2017年)2月から始まった外壁工事は、その一部が完成し、白や茶色などの「アースカラー」でデザインされた外壁が見 …

新横浜2丁目南側交差点で今年(2018年)3月に7階建てのビル「367新横浜」では、来月(2018年6月)1日に1階で「アイセイ薬局新横浜店」がオープンすると告知しています。 千葉県市川市で発祥したアイセイ薬局は、首都圏 …

今年(2018年)3月に鶴見区への移転によって閉校した菊名4丁目の「横浜市医師会看護専門学校」は、来年3月までかけて4階建ての校舎が解体されることがわかりました。 綱島街道沿いの菊名記念病院に隣接する同専門学校は、197 …

港北区は港北公会堂の運営を担う「指定管理者」の募集を新たに始めました。同館では2009年4月から5年ごとに民間の運営事業者を公募しており、今回が3期目。来年(2019)年4月から2024年3月末までの担当となります。 港 …

環状2号線に近い菊名7丁目の「休日急患診療所」となりの旧市有地で、児童福祉施設も含んだ59戸の賃貸住宅の建築が始まります。2005年まで業務を行っていた「資源循環局港北事務所」の跡地である同地は、昨年(2017年)11月 …