新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

苦しい試合が続いている今こそ、本拠地の「KOSE新横浜スケートセンター」で応援したいところです。プロアイスホッケー「アジアリーグ」の横浜グリッツ(GRITS)は、今月(2021年)10月9日と10日の試合に連敗し、来週末23日(土)と24日(日)に本拠地で行われる「ひがし北海道クレインズ戦」から反転攻勢につなげることができるでしょうか。

キャプテンの熊谷選手が先制点を決めた(10月9日)

3週間ぶりの試合となった10月9日の「H.C.栃木日光アイスバックス」戦では、開始1分23秒でキャプテンの熊谷豪士選手が先制点を決める幸先の良いスタートとなったものの、5分6秒に同点に追い付かれると同時に、DF(ディフェンス)の秋本デニス選手による相手選手へのチェック(衝突)が重い「マッチペナルティ」を課され、そのまま退場。

相手より1人少ない「キルプレー」となってしまったグリッツは、日光アイスバックスの猛攻を防ぎきれず、5分間のキルプレー中に3失点。その後も、相手より1人多いパワープレイ中にも失点するなど、計45本のシュートを打ち込まれ、2試合連続となる2ケタ失点の12対4で大敗となりました。

ヒートアップしたケネディHC(右3人目)がコロナ対策の特別ルールで退場となってしまった(10月9日)

同試合では判定にヒートアップしたマイク・ケネディHC(ヘッドコーチ)がマスクを下げたままベンチから大きな声を出したことで、新型コロナウイルス対策の特別ルールによって退場を命じられ、先にマッチペナルティが課された秋本選手とともに翌日も出場停止という重い処分が決定。

試合後、浅沼芳征監督は「(相手と)2対1の形になって攻め込まれる形が多かった。足を回すプレーが時にスローダウンしてしまうことがある」と振り返り、「基本的なプレーを100%やり切るという泥臭いプレーに徹することがグリッツの勝ち方だ。基本的なプレーを100%やり切る」と前を向きました。

6試合で14得点と昨シーズンと比べ得点力は増している

翌日の2試合目は、現場を指揮するケネディHCと、DFの主力である秋本選手が出場できないなか、相手のシュート数を前日の約半分となる23本に抑え、結果は6対1で敗れたものの「次に勝てるチャンスを再確認できた試合」(浅沼監督)、「最後まで諦めず全員で戦えた」(岩本和真選手)と次戦につなげる一戦となっています。

また、今季のグリッツは大量失点が目立つものの、6試合で14得点と昨季と比べ得点力が増している点はこれからの希望といえそう。

公式チアの「グリッツトパーズ(GRITS TOPAZ)」が客席を盛り上げる

次試合も本拠地での開催となり、来週末10月23日(土)と24日(日)に「ひがし北海道クレインズ」との2連戦を予定。あす14日(木)10時から「楽天チケット」でチケットの一般販売が始まり、同日12時以降はKOSE新横浜スケートセンターの「スケートショップ ウエスト」でも取り扱いが行われます。

新型コロナ禍で観客数の制限が続くなかでも、今季のKOSE新横浜スケートセンターでの試合には座席数の約半分となる600人以上の観客が詰めかけており、ホームの雰囲気を盛り上げることで、反転攻勢を目指すチームを後押ししたいところです。

10月中旬からの「横浜GRITS」試合日程

  • 10月23日):ひがし北海道クレインズ戦新横浜16:00)[チケット中継
  • 10月24日):ひがし北海道クレインズ戦新横浜14:00)[チケット中継
  • 10月30日():東北フリーブレイズ戦(八戸17:00)[中継
  • 10月31日():東北フリーブレイズ戦(八戸15:00)[中継
  • 11月6日):レッドイーグルス北海道戦新横浜16:00)[中継
  • 11月7日):レッドイーグルス北海道戦新横浜14:00)[中継
    (※)レッドイーグルス北海道=旧「王子イーグルス」
  • 11月20日():H.C.栃木日光アイスバックス戦(日光14:00)[中継
  • 11月21日():H.C.栃木日光アイスバックス戦(日光14:00)[中継
  • 11月27日():レッドイーグルス北海道戦(苫小牧17:00)[中継
  • 11月28日():レッドイーグルス北海道戦(苫小牧15:00)[中継
  • 12月11日():H.C.栃木日光アイスバックス戦(日光14:00)[中継
  • 12月12日():H.C.栃木日光アイスバックス戦(日光14:00)[中継
  • 12月25日):東北フリーブレイズ戦新横浜:時間未定)[中継
  • 12月26日):東北フリーブレイズ戦新横浜:時間未定)[中継

以降の日程はこちら

【関連記事】

新横浜で巻き返す「横浜グリッツ」、10月は9日(土)からホーム4試合(2021年10月1日)

<レポート>アイスホッケーの楽しみ加わる、新横浜が本拠地「グリッツ」開幕(2020年10月19日、プロ参入の経緯なども)

【参考リンク】

10月23日(土)・24日(日)「ジャパンカップ2021『横浜GRITS対ひがし北海道クレインズ』新横浜開催チケット情報(横浜GRITS)

横浜GRITSファンクラブ「The GULUGERS(ザ・グルーガーズ)」(入会で招待券も)