新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

JR横浜線の新横浜駅菊名駅ホームドアの設置が始まります。新横浜駅では6番線(小机・橋本方面)に今月(2021年)10月12日(火)に、5番線(菊名・東神奈川方面)は13日(水)にホームドア本体(機器)がそれぞれ設けられ、11月3日(水)から稼働を予定。菊名駅では11月中に設置される見通しです。

10月13日追記:JR菊名駅は10月19日・20日に機器が設置され、11月7日から稼働が決まりました)

新横浜駅ホームの端には本体の一部が設置されている(9月19日)

横浜線では来年3月末までの今年度、新横浜や菊名、大口、長津田、橋本の5駅への設置が予定されており、新横浜駅のみ“フル規格”となる従来型のホームドアとするほかは、4駅では「スマートホームドア」と呼ばれるドア部分がフレーム構造となった“軽量型”の採用を予定。

関係者によると、ホームドア本体の設置工事は、終電後の深夜帯に行う計画だといい、乗客への影響はほとんど無いとみられますが、本体の設置後も正式稼働日まではホームドアとしては使わない形となります。

11月中に設置される見通しの菊名駅ホーム上でも本体の一部と設置位置の目印が見られる(10月2日)

すでに新横浜と菊名の両駅ホームの端には、本体設備の一部が設けらているほか、ホーム上では設置の位置を示す印が付けられている状態です。

なお、横浜線の新横浜駅と菊名駅にホームドアが設置されると、港北区内での未設置駅は小机を残すのみとなります。

2022年度下期(2022年10月~2023年3月)に開業を予定する東急新横浜線(新横浜~新綱島~日吉)では、開業当初から全駅にホームドアを設置する計画です。

【関連記事】

<JR横浜線>新横浜など5駅にホームドア、菊名や大口、長津田は軽量型に(2021年4月7日)

東海道新幹線の新横浜駅、すべての乗り場で「ホームドア」の設置を完了へ(2018年1月31日、新幹線ホームでも設けられてきた)

<東急>ホームドアの拡充ぶりが目立つ東横線、設置状況が一目で分かるページ公開(2017年1月25日、東急は早い段階で全駅に設置)

【参考リンク】

2021年度のホームドア整備についてPDF、JR東日本、2021年4月6日)

鉄道駅舎可動式ホーム柵等整備事業(横浜市都市整備局)