新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
週間ランキング

週間ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2021年)6月4日(金)から10日(木)までの7日間に計3万9293ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、6月7日に公開した「新横浜から熱海へ、平日に楽しむ『新幹線+星野リゾート』の新商品」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 新横浜から熱海へ、平日に楽しむ「新幹線+星野リゾート」の新商品(6月7日、973)
    → 熱海にあるリゾート施設「リゾナーレ熱海」の宿泊と新幹線のセット商品が新横浜駅からも設定されています。夏休み期間を除く平日限定でも大人1人6万円程度と値は張りますが、空いている時に家族旅行に使ってほしい、というコンセプトとなっています
  2. 「みなとみらい」に大規模な接種会場、65歳以上の市民9.2万人分を受付(5月27日、732)
    → 2週連続でランキング登場となりました。横浜市の大規模接種会場として、みなとみらいの「横浜ハンマーヘッド」に設けられ、6月6日(日)から接種が始まっています
  3. <詳細案内>医科学センターでワクチン集団接種、新横浜駅から無料バスも(6月10日、722)
    → 港北区内では2カ所目となる「集団接種」の会場が日産スタジアムのスタンド下にあるスポーツ医科学センターに開設されました。初日の模様や接種までの手順を写真で詳しく紹介しています。なお、こちらの集団接種会場は、日産スタジアムが「東京2020オリンピック」のサッカー競技で使われることから、期間中の前後は休止となる予定です。区内では今月末に「綱島地区センター」にも集団接種会場が設けられる予定です
  4. <羽沢横浜国大>駅前に「ドラッグストア」、唯一の買物スポットが誕生(6月2日、676)
    → 2週連続でランキング登場です。再開発より駅の開業が先行したため、駅前には“何もなかった”のですが、先月5月28日にドラッグストア「クリエイト」がオープンしました。食料品も豊富で、スーパー的な役割も果たしています
  5. <羽沢横浜国大>駅前再開発が始動、23階建てビル着工へ、ドラッグストア出店も(2月1日、676)
    → 15回連続でランキング登場となりました。駅前再開発の目玉となる23階建ての再開発ビルは、「相鉄・東急直通線」(2022年10月~2023年3月開業予定)の開業時には間に合いませんが、2024年3月の完成に向けて工事が進んでいます
  6. 大倉山地区の新会長・秋本さんは元「校長」、海外経験も活かし“新たな船出”(6月8日、612)
    → 大倉山地区連合町会の新会長に就いた秋本健一さん。生まれ育った大倉山での思い出と未来、篠原中学校や新田中学校などでの教員時代の話などを聞きました
  7. 地元で“ハワイの風”感じるひととき、「ラ・オハナ」新横浜店が5/9(日)オープン(5月8日、588)
    → 5週連続でランキング登場です。環状2号線沿いの太尾新道入口近くにあった「ジョナサン」跡に、すかいらーくグループのハワイアンレストラン「ラ・オハナ」が5月9日からオープンしています
  8. <国勢調査>人口増加は港北区が県内2位、中原や鶴見など周辺で高い数値(6月7日、540)
    → 5年前の2015(平成27)年の「国勢調査」以降、人口がどうなったのかをまとめた記事です。増加トップは武蔵小杉駅付近でタワーマンションが林立する川崎市中原区でしたが、港北区は2番目に多い数字となりました。なお、港北区は5月から人口が36万人を超えています
  9. 6/30(水)に“聖火リレーイベント”、みなとみらいでの観覧者1600人を募集(6月3日、490)
    → 日産スタジアムの周辺など横浜市内で聖火リレーが行われた後、1日を締めくくる“セレブレーション”と呼ばれるイベント。残念ながら聖火リレーは公道走行を中止することが決まっており、同日走る予定だったランナーを集めて聖火をつなぐイベントとして、みなとみらいの「横浜赤レンガ倉庫(パーク・イベント広場)」で開かれる予定です。現地での観覧者募集はあす6月13日(日)まで行われていますが、実際に有観客で行うかどうかはまだ決まっていません
  10. 太尾新道交差点に「ハワイアンレストラン」、ファミレスを閉店し転換へ(3月17日、462)
    → 2週ぶりにランキング登場となりました

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「日吉・綱島・高田エリア」の週間ランキングはこちら