新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

新横浜から熱海の“星野リゾート”へ新たな旅スタイルの提案です。JR東海は「リベンジ夏祭り」と題し、静岡県熱海市にあるリゾート施設「リゾナーレ熱海」の宿泊と新幹線のセット商品を平日限定で今年(2021年)9月28日出発分まで設定し、販売を始めています。

JR東海と星野リゾートによる「ずらし旅」のキャンペーンサイトも開設している(同サイトより)

JR東海では、新型コロナウイルス禍以降、昨年(2020年)7月から「ずらし旅」と名付け、あえて“定番”のスタイルや人混みを避けた形での旅を提案しており、今回の旅行商品もその一環で設定されたもの。

昨年は新型コロナ禍の影響で夏祭りを楽しむことができなかったことから“リベンジ夏祭り”と題し、リゾート施設を全国展開する「星野リゾート」が運営している熱海市の宿泊施設で、投影された花火映像が楽しめるなどの趣向を凝らしています。

全室オーシャンビューの温泉リゾートホテル「リゾナーレ熱海」の公式サイト

今回の旅行商品で対象の宿となっている「リゾナーレ熱海」は、熱海市の高台に位置した旧高級宿泊施設「熱海百万石」の建物を星野リゾートが引継ぎ、2011(平成23)年12月にオープンした全室オーシャンビューの温泉リゾートホテル

旅行商品には、新横浜など各駅から熱海駅までの新幹線指定席往復と、同ホテルの「テラススイートルーム」(テラス含め155平方メートル)の1泊2食(2泊プランもあり)、熱海市内の「バスフリーきっぷ」またはレンタカー1日利用、4つの体験から選べる「熱海満喫フリークーポン」がセットになっています。

新横浜駅から熱海駅までは「こだま」号でも30分弱で着く

設定期間は6月11日(金)発分から9月29日(水)着分までで、土曜や日曜の出発分と、夏休み期間となる7月16日(金)から8月27日(金)までの期間などの出発分は設定されていません。

6月5日時点での料金は、新横浜駅発で1泊2日(4人1室)の場合、大人1人あたり5万9100円(金曜日宿泊時は6万6000円)、子ども(小学生)は1人4万1200円(金曜日宿泊時は4万5900円)、4歳から未就学時の子どもは1人2万9400円(金曜日宿泊時は3万3400円)などという設定となっていました。

【関連記事】

東海道新幹線「乗り放題&ホテル」、JR東海が“新しい働き方”で旅行商品(2021年4月27日)

JR武蔵小杉駅から湯河原・熱海・伊東へ“えきねっと割引”を新たに設定(横浜日吉新聞、2021年3月1日、熱海方面へは在来線も運賃割引がある)

【参考リンク】

「星野リゾート『リゾナーレ熱海』で過ごす 平日に家族でずらし旅~リベンジ夏祭り」の案内ページ(JR東海ツアーズ、6月11日~7月15日、8月30日~9月29日の平日に設定)