新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

今年も行楽の自粛が要請されているゴールデンウイーク(GW)ですが、日常の買物時に少しだけでも「子どもの日」の雰囲気を味わってみませんか。

天井の高い10階アトリウムに展示された手づくりの「こいのぼり」(4月26日)

新横浜駅ビル内「キュービックプラザ新横浜」の10階にあるアトリウムでは、近隣の保育園児が装飾した「こいのぼり」が展示されており、新型コロナ前の“GWらしい風景”に少しだけ戻ることができそうです。

この「こいのぼり」は、新横浜3丁目にある「ペガサス新横浜保育園・夜間保育園」と新横浜2丁目の「岩崎学園新横浜保育園」の園児らが、うろこ部分にさまざまな装飾を施したもので、計116点の作品を来月(2021年)5月5日(水)まで展示

加えて、同じ場所には、キュービックプラザ新横浜の社員が総出で折り紙を使って作ったという多数の「かぶと」も彩っています。

新横浜にある保育園とキュービックプラザ社員による手づくりの「子どもの日」展示

新型コロナウイルス禍によって、行楽に最適なGW期間が2年連続で外出自粛を求められることになり、人と会うことさえ難しくなっているなか、どこか温かさが感じられるこのスポット

GW期間、生活必需品の買物時などに子どもと一緒に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

“コロナ禍”の癒しを青空に、菊名地区センターが「こいのぼり」(2021年4月26日)

【参考リンク】

キュービックプラザ新横浜