新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
週間ランキング

週間ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。先月(2021年)3月26日(金)から今月4月1日(木)までの7日間に計3万7794ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、3月29日に公開した「港北区内の『レッドゾーン』指定は計213区域、土砂災害を特別警戒」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 港北区内の「レッドゾーン」指定は計213区域、土砂災害を特別警戒(3月29日、864)
    → 2014年に広島県で起きた土石流災害を契機として、法律に基づいて土砂災害の警戒区域を順次指定することになっており、このほど神奈川県による港北区での指定作業が終わりました。法律の規制がかかる区域は区内で213カ所あり、丘が多い地域は指定箇所も多くなっています
  2. <羽沢横浜国大>駅前再開発が始動、23階建てビル着工へ、ドラッグストア出店も(2月1日、815)
    → 6週連続でランキング登場となりました。2021年2月時点での再開発動向をまとめています。夏までにはドラッグストアがオープンする見通しです
  3. <2021年4月>太尾新道の「大豆戸小入口」交差点で取り締まり、県警が公表(4月1日、649)
    → 毎月、神奈川県警が公表している交通取り締まり箇所で、新学期ということもあるのか、太尾小学校に近い太尾新道との交差点が選ばれました。港北警察署のおひざ元といえる場所だけに、他の箇所より取り締まり回数が増えるかもしれません。何より、安全運転が一番です
  4. <新横浜駅前公園>鳥山川沿いの桜は3/27(火)現在「ほぼ満開」、散策で賑わう(2018年3月27日、600)
    → こちら3年前、2018年3月の記事ですが、誤って読まれてしまったようです。もし、満開の時期を参考にするための閲覧だったなら良いのですが……
  5. <港北区の異動>3年ぶり新区長、図書館長や土木事務所長、資源循環局所長も新任(3月30日、595)
    → 2021年度は港北区で区長や図書館長、土木事務所長、区の資源循環局所長と主要ポストで異動が行われています。2018年度から3年間にわたって区長をつとめた栗田るみ氏が市を退職し、新たに市建築局企画部長の鵜澤聡明氏が新区長に就任しました
  6. 新横浜にドイツと中国企業が進出、市・県のサポートで日本本社を置く(4月1日、574)
    → 横浜市や神奈川県による企業誘致の取り組みによって、このほどドイツと中国の2社が新横浜に日本法人を構えることになりました。BtoB(企業間取引)を主とする企業が多いため、なかなか接点は持ちづらいのですが、新型コロナウイルス禍が続くなかだけに、新たな企業の進出は心強いところです
  7. <東急バスや市営バスなど>ICカード利用時の「特典ポイント」相次ぎ終了(3月18日、534)
    → 2週連続でランキング登場となりました。ICカードで乗車すると利用金額に応じてポイントが貯まる「バス特」は、2007年のパスモ(PASMO)導入時から首都圏の多くのバス会社で乗客サービスとして続けられてきましたが、今春限りで取り止めたバス会社が相次いでおり、横浜市営バスも5月末で終了が決まっています。コロナ禍による乗客減で経営状態が良くないことが背景にあると見られます
  8. 太尾新道交差点に「ハワイアンレストラン」、ファミレスを閉店し転換へ(3月17日、527)
    → 2週連続でランキング登場となりました。3月16日に環状2号線沿いの「ジョナサン」が閉店し、5月9日から同じ「すかいらーく」グループのハワイアンレストラン「ラ・オハナ(La Ohana)」に変わります。同グループでは、昨年11月に新横浜の中心街にあった「ガスト新横浜店」を閉店するなど、ファミレス業態が苦戦するなか、専門レストラン化で生き残りたい考えです
  9. 買物だけじゃない「イケア港北」、レストランの驚きメニューとカレーの安さ(2017年6月12日、465)
    → 3年半以上前の2017年6月に公開した古い記事ですが、9週連続でランキング登場です。コロナ禍でも同店への買物需要が衰えていないことをうかがわせます
  10. 港北公会堂のリニューアル完了、ワクチン接種で利用再開は10月以降(3月26日、417)
    → 昨年(2020年)5月から行われていたリニューアル工事は今年3月で終えたのですが、4月以降は新型コロナウイルスワクチンの接種会場として使われる予定となっているため、現時点で一般利用は少なくとも9月末までは難しい状況です

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「日吉・綱島・高田エリア」の週間ランキングはこちら