新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
週間ランキング

週間ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。新年の第1回となる今回は、2021年1月1日(金)から14日(木)までの2週間(14日間)分を対象としました。計7万6819ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、昨年(2020年)1月14日に公開した「2020年は一味違った横浜市の成人式、ステージは2階、秘密ゲストに『ピカチュウ』」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 2020年は一味違った横浜市の成人式、ステージは2階、秘密ゲストに「ピカチュウ」(2020年1月14日、5,824)
    → 横浜市の成人式には一体どんなゲストが来るのか、ということで検索した方が多かったようです。昨年(2020年)は、まだ新型コロナウイルスが中国国内にとどまっていた時期の開催でしたので、当日まで秘密だったゲストの「ピカチュウ」に盛り上がったのですが……。今年(2021年)はゲストどころではありませんでした
  2. <2021年成人式>1/11(月・祝)に横浜アリーナとパシフィコで予定通り開催(1月6日、2,778)
    → 緊急事態宣言の発出が計画されているなか、首都圏では成人式の中止やオンライン開催とする自治体が相次いでおり、日本最大規模の横浜市はどうなるのか、と注目されていましたが、6日前に「予定通り決行する」とアナウンスされたものです
  3. <2021年成人式>港北・都筑・青葉・緑・鶴見など10区は横浜アリーナ開催へ(2020年9月23日、2,588)
    → 昨年7月に横浜市は成人式をオンライン開催することを早々と決めたものの、新成人から残念がる声が相次いだことから、会場を分割する形での開催を決めたものです。夏前の時点では感染者数が減っていたので、2021年冬の“惨状”を想像しづらかった面もあります
  4. <2021年>港北区(南部エリア中心)で予定・予想される出来事・イベント一覧(1月1日、1,482)
    → 7月23日(金)から8月8日(日)に計画されている「東京2020オリンピック」も含め、イベント関係の予定がまったく見通せない状況ですが、2021年の年間予定表をつくってみました。すでに1月から3月の地域イベント開催は難しい状況で、4月予定の「小机城址まつり」も中止が決まっています
  5. <神奈川県警>運転免許の更新期限「3カ月延長」は郵送申請も可能に(4月9日、1,453)
    → 5回連続でランキング登場です。昨年(2020年)4月の緊急事態宣言下での記事ですが、1月15日時点でも郵送などによる「3カ月間の期間延長」は可能で、有効期間が「令和3年(平成33年)3月31日」となっている免許所有者が対象です。なお、免許センターや警察署での「更新手続」は今のところ通常通り行われています
  6. 緊急事態宣言下の「2021年成人式」、横浜アリーナ会場への参加率は44%(1月12日、1,281)
    → 緊急事態宣言が発出されるなか、成人式を開催するのはどうなのか、といった声があがるなか、ある意味で“強行”された形でした。例年と比べると参加者も少なく、新横浜の街の賑わいもあまり見られませんでしたが、新成人は友だちや仲間などとの接触が多いという印象を受けました。成人式を運営する側のスタッフ(われわれ取材者も含め)は中高年が目立ちましたので、感染が発生していないことを願うばかりです
  7. 港北区の感染者数は市内で最多「1090人」、週120人以上の発生続く(1/7時点)(1月8日、1,241)
    → 先週1月7日(木)の時点では、港北区内だけで週に120人もの新規感染が発生していることに驚かされましたが、今週(1月8日~14日)はさらに増えて230人となってしまいました。年末年始の緩みが出ているのでしょうか。広くはない港北区内のどこかで1日あたり区民33人が感染していることになるので、もう目の前に危機が迫っているのではないでしょうか。にも関わらず、街や人からそうした危機感があまり見られないのが不安なところです
  8. JR横浜線でも3分~12分の「終電繰り上げ」へ、相鉄・JR直通線は現行通り(2020年10月22日、1,222)
    → こちらは3月に予定されているダイヤ改正の記事ですが、これとは別に来週1月20日(水)から緊急事態宣言の発出に伴う「終電」など深夜時間帯の運休が決まったこともあって、この記事が“誤読”されてしまったようです。なお、横浜線は終電運休の対象外となっています
  9. 【変更有】<2021年「成人式」>横浜アリーナでの開催断念、”オンライン”で実施(2020年7月6日、1,095)
    → 7月に横浜市が「オンライン成人式」を決めたことは、ある意味で先の状況を見通したものでしたが、当時は感染者が減っている状況でしたので、すぐに“リアル開催”に戻すことになっています
  10. <混雑注意>2020年の横浜市「成人式」は1/13(月・祝)に横浜アリーナで(2020年1月7日、1,081)
    → 例年、横浜アリーナには新成人が約2万5000人が来場しているのですが、今年(2021年)はパシフィコ横浜との分割開催や緊急事態宣言下もあって、横浜アリーナ会場は約1万5000人の参加にとどまりました

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「日吉・綱島・高田エリア」の週間ランキングはこちら