新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

東急東横線の大倉山・菊名への最終電車となる「菊名行」の出発時刻が約29分早まり妙蓮寺・白楽方面への最終となる「横浜行」約26分早くなります。東急電鉄は来年(2021年)3月のダイヤ改正で実施する終電繰り上げの概要を発表しました。

2021年3月ダイヤ改正における東横線での最終電車繰り上げ計画(東急電鉄のニュースリリースより)

現在、渋谷駅から大倉山駅や菊名駅へ向かう平日の東横線最終電車は、0時37分発の各駅停車「菊名行」ですが、来春のダイヤ改正からは出発時刻が29分早くなり、0時8分発に繰り上げられます。

また、妙蓮寺駅や白楽駅へ平日の最終電車となる各駅停車「横浜行」は、渋谷駅0時19分発を23時53分発とする計画です。

一方、横浜駅から菊名・渋谷方面への最終電車も繰り上げられる予定で、大倉山・綱島方面への平日最終となる0時51分発の「元住吉行」は0時23分発に、妙蓮寺・菊名への最終「菊名行」は、現在の0時51分発を0時29分発に繰り上げる予定です。

)改正後の時刻はいずれも予定

【関連記事】

JR横浜線でも3分~12分の「終電繰り上げ」へ、相鉄・JR直通線は現行通り(2020年10月22日、横浜線でも来春ダイヤ改正から終電繰り上げを計画)

東急電鉄が「終電」を15分~30分繰り上げへ、運行ダイヤ“適正化”も表明(横浜日吉新聞、2020年11月11日)

新型コロナ対策で「深夜急行バス」運休、渋谷駅から日吉・綱島方面を結ぶ(横浜日吉新聞、2020年3月30日、コロナ禍で新横浜・新羽方面行の深夜バスも運休している)

【参考リンク】

2021年3月ダイヤ改正における終電時刻繰り上げの概要について(東急電鉄、2020年12月16日)