新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

港北区の累計感染者数が300人を突破しました。横浜市は、きのう(2020年)10月16日(金)夜、18区別の新型コロナウイルスへの感染者数を公表、港北区では前週より2人減って18人増累計306人となりました。

人の流れが戻りつつある横浜市西区にある横浜駅。西区は中区に次いで人口あたりの感染者数が多い(写真はイメージ)

人の流れが戻りつつある横浜市西区にある横浜駅。西区は中区に次いで人口あたりの感染者数が多い(写真はイメージ)

324人となった最多の鶴見区、312人でこれに続く青葉区とともに、港北区でも累計感染者数が300人を超える状況となっています。

市全体では、前週の171人から23人増えて194人増となり、累計感染者数は3577人に。累計の死者数は75人となるなど、GoToキャンペーンが本格化しているうえ、気温の変化が激しく冬の足音を感じる昨今なだけに、高年齢層の感染者の増加や重症化なども懸念されるところです。

港北区内では、10月15日に駅ビル内テナントでの1人が感染したことが公表されており、行政に連絡のうえ、消毒を完了させての営業継続を行っているとのことです。

増加人数は、港北区に隣接する神奈川区で最多の23人増鶴見区が19人増となっているほか、南区・戸塚区で17人増保土ヶ谷区で14人増西区と旭区で11人増と、2ケタ人数の増加区も多く、区の周辺や市全体の感染拡大についても予断を許さない状況が続いているといえそうです。

10月16日(金)夜時点、横浜市「区別」の感染者数(累計)

)横浜市における行政区別の数値公表は毎週金曜日のみとしている

)区の人口は2020年8月1日時点、感染者数は「緊急事態宣言」解除直後となる5月29日(金)からの推移

)右側のカッコ内は前回金曜日と比べた増加数(単位:人)、同数の場合は人口比で高い順に掲載

)数値の掲載日:10月9日(金)=前週/ 10月2日(金)=2週間前/ 9月25日(金)=3週間前/ 7月3日(金)=感染増加が始まった7月初旬/ 6月19日(金)=県境移動の自粛解除日/ 5月29日(金)=「緊急事態宣言」の解除直後

  • 鶴見区:324人←305人(10/9)←288人(10/2)←260(9/25)←41(7/3)←37(6/19)←36(5/29)(人口:293,863)(前週前比+19)
  • 青葉区:312人←302人(10/9)←292人(10/2)←264(9/25)←41(7/3)←37(6/19)←36(5/29)(人口:311,276)(前週前比+10)
  • 港北区:306人←288人(10/9)←268人(10/2)←251(9/25)←43(7/3)←43(6/19)←40(5/29)(人口:356,239)(前週前比+18)
  • 南区:262人←245人(10/9)←229人(10/2)←222(9/25)←22(7/3)←19(6/19)←19(5/29)(人口:195,805)(前週前比+17)
  • 中区:253人←247人(10/9)←238人(10/2)←222(9/25)←43(7/3)←18(6/19)←18(5/29)(人口:151,242)(前週前比+6)
  • 神奈川区:220人197人(10/9)193人(10/2)←181(9/25)←28(7/3)←23(6/19)←21(5/29)(人口:246,173)(前週前比+23)
  • 港南区:210人204人(10/9)←199人(10/2)←177(9/25)←25(7/3)←22(6/19)←22(5/29)(人口:213,760)(前週前比+6)
  • 旭区:209人←198人(10/9)←188人(10/2)←177(9/25)←68(7/3)←67(6/19)←66(5/29)(人口:244,831)(前週前比+11)
  • 戸塚区:202人←185人(10/9)←171人(10/2)←155(9/25)←29(7/3)←28(6/19)←27(5/29)(人口:281,187)(前週前比+17)
  • 保土ヶ谷区:182人←168人(10/9)←155人(10/2)←140(9/25)←32(7/3)←26(6/19)←24(5/29)(人口:206,093)(前週前比+14)
  • 金沢区:150人←140人(10/9)←138人(10/2)←131(9/25)←26(7/3)←24(6/19)←24(5/29)(人口:197,561)(前週前比+10)
  • 西区:142人←131人(10/9)←127人(10/2)←109(9/25)←17(7/3)←15(6/19)←15(5/29)(人口:104,416)(前週前比+11)
  • 磯子区:138人←134人(10/9)←124人(10/2)←115(9/25)←22(7/3)←20(6/19)←19(5/29)(人口:166,498)(前週前比+4)
  • 都筑区:137人←134人(10/9)124人(10/2)←111(9/25)←19(7/3)←17(6/19)←16(5/29)(人口:213,132)(前週前比+3)
  • 緑区:115人←110人(10/9)←102人(10/2)←99(9/25)←27(7/3)←27(6/19)←24(5/29)(人口:182,806)(前週前比+5)
  • 泉区:94人←87人(10/9)←82人(10/2)←77(9/25)←28(7/3)←27(6/19)←26(5/29)(人口:151,897)(前週前比+7)
  • 瀬谷区:93人←90人(10/9)←86人(10/2)←85(9/25)←50(7/3)←50(6/19)←50(5/29)(人口:121,683)(前週前比+3)
  • 栄区:61人←60人(10/9)←57人(10/2)←56(9/25)←5(7/3)←5(6/19)←5(5/29)(人口:119,596)(前週前比+1)
  • 市外:167人←158人(10/9)←151人(10/2)←148(9/25)←56(7/3)←52(6/19)←47(5/29)←46(5/22)(前週前比+9)
横浜市における「新型コロナウイルス」の感染患者数(10月16日時点)。前週の鶴見区に続き青葉区も人口1千人に1人を割ってしまった(表は徒然呟人さん提供)

横浜市における「新型コロナウイルス」の感染患者数(10月16日時点)。前週の鶴見区に続き青葉区も人口1千人に1人を割ってしまった(表は徒然呟人さん提供)

【関連記事】

<感染者数>港北区は市内最多の20人増、鶴見・青葉は累計300人超に(10/9)(横浜日吉新聞、2020年10月9日、前週の記事)

<横浜市の感染者数>累計3000人突破、1カ月1000人規模で増加(9/26)(2020年9月27日、累計3000人を既に突破している)

【参考リンク】

【41人発生・3544~3584例目】新型コロナウイルス感染症による新たな市内の患者確認について(横浜市健康福祉局、2020年10月16日、PDFに区別感染者数も掲載)

横浜市内の陽性患者の発生状況データ・相談件数(横浜市)