新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
週間ランキング

週間ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。先月(2020年)7月31日(金)から今月8月6日(木)までの7日間に計6万1442ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、8月5日に公開した「<相鉄・東急直通線>環状2号線下に建設中の新駅名は『新横浜』の見通し」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. <相鉄・東急直通線>環状2号線下に建設中の新駅名は「新横浜」の見通し(8月5日、5,874)
    → 綱島東に設けられる「新綱島駅(仮称)」の駅名案を港北区民から公募するにあたり、その際のチラシで「新横浜駅(仮称)」の駅名を「新横浜」に正式決定するとの見通しを東急電鉄が明らかにしました。ただ、現時点で正式決定の時期は未定とのこと。今後、“新横浜線・新横浜駅”は相鉄と東急のどちらが管理するのかにも注目が集まりそうです
  2. 半年近くぶり横浜アリーナで「有観客ライブ」再開、8/15(土)・16(日)に(8月4日、4,218)
    → 横浜アリーナで観客を入れた形の公演は実に2月24日以来となります。8月も「人数上限5000人」などの制限が続いているため、再開後初となる「和楽器バンド」の公演では、2日間ともオンラインでの有料配信も行うとのことです
  3. 未知なる新羽・小机を歩きませんか、「わがまち港北」ウォーキングマップを配布中(8月5日、2,001)
    → 港北ボランティアガイドが厳選した区内3コースを紹介する情報誌、「楽遊学(らくゆうがく)」の特別号が配布されています。新羽駅から北新横浜駅への「新羽の寺社と新田緑道をめぐる」コース(約5.1km)や小机駅を起点に新横浜公園内も歩く「小机の今昔をめぐる」コース(約5.3km)などを紹介しています。暑くない朝のウォーキングにいかがでしょうか
  4. 横浜市内で「感染増加」懸念、港北区内の飲食店や企業などでも発生(7/9)(7月10日、1,906)
    → 4週連続でランキング登場です。先月7月上旬の記事ですが、残念ながら当時はまだ「懸念」に過ぎなかったことが現実となってしまいました。この時点で市内の患者数累計は672人だったのですが、以後も感染者増は止まらず、一昨日8月6日(木)には累計1200人を突破。4区で累計100人超となったほか、今週は港北区内の大型病院や企業勤務者にも発生しています
  5. <新横浜トンネル>大倉山など「掘削済み区間」も記録を再確認、陥没の再発防止策で(8月3日、1,752)
    → 大学教授ら有識者9人による「地盤変状検討委員会」は8月2日に再発防止策をまとめ、鉄道・運輸機構へ最終提言を行いました。ただ、地元への説明などがあるため、工事の再開時期は現時点で未定とのことです。同委員会が始まった6月24日は、まだ2回目の陥没が起きる前だったため、鉄道・運輸機構の記者会見に現れたのは、tvkと大手専門誌と筆者だけで寂しかったのですが、2回目の陥没以降は、NHKをはじめ、大手新聞社や著名経済誌などが揃って会見へ参加する形に変化し、細かな部分まで質疑が長く続くことになったのが印象に残っています
  6. 2020年お盆期間の「新幹線」予約は低調、7/21時点で前年の2割ほど(7月27日、1,742)
    → 2週間以上前の7月21日時点での予約状況に関する記事ですが、その後も新型コロナウイルスの感染拡大が止まっていない影響で、それほど予約が増えている様子が見られません。先が見えず不安いっぱいのなかで過ごしたゴールデンウイークに続き、お盆までも遠出しづらい環境となりそうです。こんな状態がいつまで続くのでしょうか
  7. <神奈川県警>運転免許の更新期限「3カ月延長」は郵送申請も可能に(4月9日、1,063)
    → 16週連続でランキング登場です。免許証の有効期間が9月30日までの場合、郵送などで「3カ月間の延長手続き」を引き続き受け付けているとのことです。なお、運転免許センターでは、あす8月9日(日)から17日(月)までの“お盆期間”は「非常に混雑する日」と予想されています
  8. 横浜市内の感染者が「累計1000人」突破、今週は5日間で100人以上(7/30時点)(7月30日、993)
    → 累計1000人を超えたのが先週7月30日(木)でしたが、1週間後となる一昨日の8月6日(木)には累計1200人を突破してしまいました。今は「軽症者」の割合が多いとはいえ、1週間で200人以上増えるというのは尋常ではない気がします
  9. 連続陥没は新横浜トンネルが原因、「環状2号」で再発防止へ地盤補強も(7月27日、755)
    → 2週連続でランキング登場です。鉄道・運輸機構によると、環状2号線の地盤補強は今週8月2日(日)の時点で9割は終わったと話していましたが、「地盤変状検討委員会」から今後は未掘削の横浜アリーナ方面でも地盤調査を再度行うべき、との提言が出されたことにともなって、新たにボーリング調査を行うため、環状2号線の一部車線を新たに規制する可能性もあるとのことです
  10. <JR東海>新横浜駅に元気と明るさを、コロナ退散「アマヒヨ」に熱視線(8月6日、609)
    → 新横浜の街も新幹線も“コロナ前”の状態に戻れないなか、駅の新幹線側や駅ビルを管理するJR東海グループの社員ら250人がコロナ退散を祈る「アマヒヨ」を手作りし、駅構内のきっぷ売場に飾っています。「私たちの大好きなここ新横浜が少しでも元気になるよう、明るくなるよう、ひとつになるよう、想いをこめて製作しました」など数々のメッセージに心打たれるとともに、元気をもらっています

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「日吉・綱島・高田エリア」の週間ランキングはこちら