新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

新型コロナウイルスの感染者数が再び急増するなか、延期となった「東京2020オリンピック」の開催まで1年後ということになり、開会式が行われるはずだった今月(2020年)7月23日(木・祝)横浜市が“1年後イベント”という位置づけの「今、スポーツにできること~in 横浜。for Tokyo2020」をオンラインで開くことを決めました。

横浜市が7月23日(木)の12時から14時に開く「今、スポーツにできること in 横浜。for Tokyo2020」のチラシ(公式サイトより)

当日は12時から14時まで、動画配信サイト「YouTube(ユーチューブ)」を通じ、卓球の石川佳純選手ら横浜ゆかりアスリートからのメッセージをはじめ、「届け子どもたちからアスリートへのエール」や「野球・ソフトボール・サッカーをもっと知ろう」といったオリンピック関連内容に加え、最後には積水ハウスのCMソングなどで知られるデュオアーティスト「アルケミスト」などによるライブの配信が行われます。

いずれも事前に収録したものだといい、当日はYouTubeに加え、横浜市役所の新市庁舎1階のモニターでも放映。また、8月24日(月)まで見逃し配信を行うとのことです。

【関連記事】

<東京2020五輪>2021年7月23日~8月8日に延期、チケット購入権は有効へ(2020年4月1日)

<東京2020大会延期>新横浜での「サッカー」も「聖火リレー」も予定白紙に(2020年3月25日)

【参考リンク】

7月23日(木)12時~14時「今、スポーツにできること in 横浜。for Tokyo2020」(横浜市による案内ページ)