新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
週間ランキング

週間ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今月(2020年)7月3日(金)から9日(木)までの7日間に計6万2508ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、2週連続で6月30日に公開した「また大豆戸町で『環状2号線』が陥没、直下で新横浜トンネル掘削の車線」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. また大豆戸町で「環状2号線」が陥没、直下で新横浜トンネル掘削の車線(6月30日、4,200)
    → 2週連続でランキング登場です。6月12日に環状2号線で最初に陥没が発生した現場から300メートル大豆戸交差点寄り、バーミヤンの前で6月30日の早朝に再び起きた陥没の記事です
  2. <ランキング>環状2号の相次ぐ陥没で「新横浜トンネル」の記事が読まれる(7月4日、1,755)
    → 前週7月4日(土)のランキング記事です
  3. 横浜市、定額給付金“郵送申請書”は最長6/6(土)発送も、配達には「3日程度」(5月29日、1,753)
    → 6週連続でランキング登場です。横浜市によると来週7月14日(火)には給付率が約78%に達する見込みとのことで、多くの市民に行き渡ることになりそうです
  4. <新型コロナ>港北区は2週続けて0人、中区で急増23人、神奈川・保土ヶ谷区も増(7月3日、1,726)
    → 先週7月3日(金)時点では2週連続で港北区は「0人」だったのですが、東京都内で爆発的に感染者が発生している影響もあって、きのう7月10日(金)には1週間で5人も増えてしまいました。ようやく日本中が“新しい生活”に慣れてきたのに、また4月ごろのように戻らないだろうかと不安が募ります
  5. 激変する「桜木町」の現状、横浜市役所の移転やロープウェイ計画まで(7月6日、1,661)
    → 横浜市役所の移転を契機に色んな変化が起きている「桜木町」のレポートです。ロープウェイは来年春頃まで待たなければなりませんが、観光スポットは次々とオープンしており、市役所見学も兼ねて、今こそ“近所”で楽しみたいところです
  6. <神奈川県警>運転免許の更新期限「3カ月延長」は郵送申請も可能に(4月9日、1,654)
    → 12週連続でランキング登場です。引き続き、免許証の有効期間が9月30日までの場合は郵送などで「3カ月間の延長手続き」を受け付けているとのことです
  7. 激しい変化のなかで迎えた5年目、今後も日常を刻み続けてまいります(7月8日、1,486)
    → この「新横浜新聞~しんよこ新聞」は7月8日(水)で丸4年が経過し、5年目に突入しました。これまでを振り返るとともに、「これから」の思いを綴っています
  8. [PR]海の景色と味覚を満喫、新横浜の中華店経営者が「ケープ真鶴」を運営(7月2日、1,398)
    → 新横浜2丁目のカキヤビル地下で中国料理店「山海楼(さんかいろう)新横浜店」を経営する株式会社新世紀商事が新たに神奈川県の観光地「真鶴」に進出しました。現地をレポートしました
  9. <環状2号線で道路陥没>新横浜から大豆戸交差点、大倉山駅付近まで大混乱(6月12日、1,105)
    → 4週連続でランキング登場です。環状2号線で起きた1回目の陥没の記事です。もう1カ月近くが経ったことになります
  10. <環状2号線の陥没>原因究明まで「新横浜トンネル」の掘削工事を停止(6月25日、1,041)
    → 3週連続でランキング登場です。二度目の陥没が起きたことで、原因の究明までに少し時間がかかりそうで、その間はトンネルの工事も止まったままです。2018年6月の説明会では、新横浜トンネルは今年3月に工事を終える計画としていただけに、開業時期にどのような影響を与えるのかは不安なところです

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「日吉・綱島・高田エリア」の週間ランキングはこちら