新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

横浜市民の関心が高かった「10大ニュース」のトップは、日本中を熱狂させた新横浜・小机での世界的イベントでした。

やはり2019年の「横浜10大ニュース」のトップは日産スタジアムが主要会場となったラグビーワールドカップだった(11月2日の決勝戦)

横浜市は恒例の「市民が選ぶ 横浜10大ニュース」の投票結果をこのほど発表し、1位に「横浜でラグビーワールドカップ 2019開催」が選ばれ、2位は「相鉄線とJR線が相互直通運転へ」が入りました。

4533人が投票した2019年の10大ニュースでは、日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で決勝戦や日本代表がベスト16進出を決める試合を行ったラグビーワールドカップが3383票となり、2位に1000以上の票差を付けて圧倒的なトップ。

新横浜から近い神奈川区羽沢に新駅の羽沢横浜国大駅が設けられ、相鉄とJRが相互直通運転を始めたことも多くの関心を集めて2位となりました。

市民の投票で選ばれた「2019年 横浜10大ニュース」(横浜市の結果発表ページより)

また、優勝決定が今月(2019年)12月7日だったため、投票時点で候補になっていなかった横浜F・マリノス15年ぶりJ1リーグ優勝を462人が自由記入し、ランキングの26位に滑り込んでいます。

このほか、5月11日と12日に日産スタジアムで初めて開かれたリレー競技専門の世界大会「IAAF世界リレー」の開催も37位に。

昨年(2018年)の1位は「成人式の晴れ着トラブルで市民や団体等から支援の申出多数」という残念なニュースだっただけに、今年は良い出来事として新横浜エリアが注目を集める形となりました。

【関連記事】

<決勝戦レポ>日本中が熱狂した「ラグビーW杯」、名残惜しさ漂う新横浜(2019年11月5日、ニュース1位)

<相鉄・JR直通線が開業>初日列車や羽沢横浜国大駅のイベントに殺到(2019年12月2日、ニュース2位)

<15年ぶり優勝>最後まで強かった「F・マリノス」、観客の最多記録も更新(2019年12月9日、ニュース26位)

5/11(土)・12(日)に日産スタジアムで初の「世界リレー」、市民400人招待も(2019年4月1日、ニュース37位)

【参考リンク】

2019年 横浜10大ニュース(横浜市市民局)