新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

館内にクリスマスツリーが飾られたケルヒャーセンター横浜。家庭用・業務用のケルヒャー製品を体験・購入できるコミュニティスペースとしての役割を強化してきた

館内にクリスマスツリーが飾られたケルヒャーセンター横浜。家庭用・業務用のケルヒャー製品を体験・購入できるコミュニティスペースとしての役割を強化してきた

法人サポーター会員によるPR記事です】世界70の国と地域に現地法人を置き商品展開するドイツの大手清掃機器メーカー・ケルヒャー社(Kärcher)の日本法人・ケルヒャー ジャパン株式会社(佐藤八郎社長)本社1階にある直営店「ケルヒャーセンター横浜」(大豆戸町)は、毎年冬時期に行われる歳末の大掃除を“熱烈応援”。

今週末(2019年)12月21日(土)から27日(金)までの期間限定で行われる年末の特別セール(イベント)に向け、港北区や都筑区などを対象に大手新聞へ12月20日(金)に折り込む案内チラシをはじめ、同センターのホームページツイッターブログでセールに関する情報発信を行いながら、「今年1年の感謝を込めた」というイベントの準備をすすめています。

このイベントでは、同センターが先月(11月)より提案している「年度末の大掃除応援キャンペーン」として、高圧洗浄機をはじめ、「お掃除を楽しく効率的に行える、製品ごとのオリジナルのセット提案や、数量限定のお買い得なセット提案にプラスして、1週間だけ特別価格でのアウトレット品販売を予定しています」(担当者)とのこと。

高圧洗浄機やスチームクリーナーを用い、汚れの落とし方などを実機で体験することができる

高圧洗浄機やスチームクリーナーを用い、汚れの落とし方などを実機で体験することができる

当日に、「『新製品のオリジナルセット』を選ぶか、『特別価格のアウトレット品』を選ぶかは、来店された方だけのお楽しみになりそう」と同センター。

同センターは、昨年(2018年)9月から土曜、日曜もオープン(10時から17時まで、祝日や長期休暇時など除く)し、運営体制も刷新。

「地域密着」戦略を進めるために、「庭用・業務用のケルヒャー製品を体験・購入できるコミュニティスペースとしての役割を強化してきました」(担当者)と同センターでは、少しずつ地域での認知度向上にチャレンジしながら、同センターへの集客をはじめとする運営に取り組んできたといいます。

テレビやネット、動画サイトなどでのCMや使用体験も多く配信している同社の製品ですが、「実際に現物を見てみたい、触ってみたい、使い比べてみたいといったご要望に、丁寧にお答えできるよう、全てのスタッフが製品知識を深める努力を行ってきています」(同)と、顧客対応力の強化にも日々取り組みながら、細かな来店客の要望に応えるべく努めてきたと語ります。

ケルヒャーセンター横浜は、全国の拠点で勤務する社員の教育・研修の場としても活用されている

ケルヒャーセンター横浜は、全国の拠点で勤務する社員の教育・研修の場としても活用されている

特に週末の来店は、平日の倍近い人数となるなど盛況だといい、「一般的な“働く世帯”、そして“ファミリー層”にも認知いただいていると感じます。今回のセールでは、“まだ間に合う大掃除”をテーマに、少しでもお求めいただきやすい価格帯でのアウトレット販売も予定していますので、ぜひご来店ください」(同)と、同センターでは、より多くの来店を呼び掛けています。

なお、同センターの営業は、年内は12月27日(金)ま(12月28日(土)~2020年1月5日(日)まで休業)。新年の営業は1月6日(月)から開始する予定です。

営業時間は10時から17時まで。JR横浜線、もしくは市営地下鉄の新横浜駅から徒歩約9~10分、JR・東急東横線菊名駅西口から徒歩約14分駐車場は8台分、同センター横の1階に併設されており、来店時に利用が可能とのことです。

※ 記事の掲載内容については、直接「ケルヒャーセンター横浜」にお問い合わせください。

【関連記事】

年末の大掃除に力を発揮する製品ベスト選、ケルヒャーが勧める「早めの準備」(2019年10月25日)

「ケルヒャー」創業秘話が区民ミュージカルの一場面に、チケット協賛で盛り上げも(2019年11月19日)

【参考リンク】

ケルヒャーセンター横浜公式サイト ※最新キャンペーン情報(PDFファイル)へのリンク有

ケルヒャー センター横浜 ブログ

ケルヒャーセンター横浜Twitter

法人サポーター会員:ケルヒャー ジャパン株式会社~ケルヒャーセンター横浜提供)