新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

法人サポーター会員による提供記事です】地域の企業が、地域のミュージカルの題材として採り上げられることになりました。

11月22日(金)、23日(土・祝)、24日(日)に港北公会堂で開催される港北区民ミュージカル(リンクは公式サイト)の第17回となる公演「BOWWOW(バウワウ)」の案内チラシ(主催者提供)

11月22日(金)、23日(土・祝)、24日(日)に港北公会堂で開催される港北区民ミュージカルの第17回となる公演「BOWWOW(バウワウ)」の案内チラシ(主催者提供)

港北警察署(大豆戸町)や横浜アリーナ(新横浜3)にも近い環状2号線沿い、太尾新道交差点近くに2017年8月に本社を移転・開設したケルヒャー ジャパン株式会社(大豆戸町、佐藤八郎社長)にまつわるワンシーンが、今週末11月22日(金)、23日(土・祝)、24日(日)港北公会堂で開催される港北区民ミュージカルの第17回となる公演「BOWWOW(バウワウ)」に登場。

港北区に本社を構えることになった同社を、同ミュージカルでは歓迎。ドイツで1935年に創業したアルフレッド・ケルヒャー(1901-1959)にまつわるシーンを展開、ミュージカルらしい歌う場面なども織り交ぜての披露となる予定です。

同ミュージカルを企画運営する、同実行委員会事務局の岡本直美さんは、今回のテーマは、英語で犬の鳴き声を意味する「BOWWOW(バウワウ)」をタイトルに据えたように、「犬の世界からみた人間の世界を描いています。生きている犬のみならず(過去の時代の犬も)登場する予定で、今回の歴史的なストーリーが展開される予定です」と、新たに港北区ゆかりとなった企業の“創業秘話”に着目、地域を盛り上げたい一心で、ケルヒャー社に話を持ち掛けたと語ります。

太尾新道交差点にも近いケルヒャー ジャパン株式会社・本社1階の「ケルヒャーセンター横浜」の店頭でも、港北区民ミュージカルの応援キャンペーンについて掲示している(2019年11月14日)

太尾新道交差点にも近いケルヒャー ジャパン株式会社・本社1階の「ケルヒャーセンター横浜」の店頭でも、港北区民ミュージカルの応援キャンペーンについて掲示している(2019年11月14日)

ケルヒャー社側もこれに応え、同社製品を貸与、チケット協賛という形で同ミュージカルを支援。同社1階の「ケルヒャーセンター横浜」で、製品やアクセサリーを購入した先着25組50人に「招待券」をプレゼント(先着順で終了)することになりました。

同センター・リーダーの上野勝伸さんは、「地域の皆さんに、地域の企業としてケルヒャーを認識していただけることが大変光栄に感じています。17回もの歴史を重ね、地域に根付いた活動を行う同ミュージカルを応援したい」と意気込みます。

「ケルヒャーセンター横浜」の公式ブログ内でも、港北区民ミュージカル「BOWWOW(バウワウ)」について紹介している

「ケルヒャーセンター横浜」の公式ブログ内でも、港北区民ミュージカル「BOWWOW(バウワウ)」について紹介している

店頭にも同ミュージカルについて掲示するなど、同センターは地域に向けた情報発信にも力を入れており、「小学生から80代まで、幅広い年齢層の方々が、稽古から公演まで全力で舞台作りに励まれていると聞いています。この取り組みを支援させていただくことで、港北区の企業としてこれからも認知いただき、お気軽に当センターにもご来店いただけたら」と、上野さんは、同ミュージカルへの来場、そして同店への訪問も広く呼び掛けています。

なお、ケルヒャーセンター横浜でプレゼントされるチケットは招待券となり、入手後、同ミュージカル事務局での席の予約が必要(予約できない場合は、当日空きがあれば入場可)。

年末の本格的な大掃除シーズンに向け、同店オリジナル企画での、スチームクリーナーのアウトレット限定セットも発売。全製品の購入・修理も行える強みで、来店客が増えているとのこと(2019年11月14日)

年末の本格的な大掃除シーズンに向け、同店オリジナル企画での、スチームクリーナーのアウトレット限定セットも発売。全製品の購入・修理も行える強みで、来店客が増えているとのこと(2019年11月14日)

開演時間は11月22日(金)18時30分11月23日(土・祝)が13時(満席)と18時、11月24日(日)が10時30分(満席)と15時(満席、2019年11月19日10時現在、いずれもロビー開場は30分前)を予定。

一般での入場料金は19歳以上が1500円、4歳(4歳から入場可能)から18歳が1000円。「なるべく早めに予約の上、ご来場ください(電話:045-433-2517に要確認、入場できない可能性があります)」(岡本さん)とのことです。

【関連記事】

世界最大級の清掃機器メーカー・独ケルヒャーが新横浜を本社に選んだ理由(2017年11月16日)

年末の大掃除に力を発揮する製品ベスト選、ケルヒャーが勧める「早めの準備」(2019年10月25日)

ケルヒャーが10/3(木)3製品を新発売、バッテリー搭載で「どこでも掃除」(2019年9月26日)

新横浜ケルヒャーが新挑戦、自宅まわりがどう綺麗になる?「購入前レンタル」の試み(2019年6月18日)※2019年12月20日まで貸し出し(返却は同12月22日まで)実施中とのこと

【参考リンク】

港北区民ミュージカル「BOWWOW」(ケルヒャー・センター横浜ブログ)

ケルヒャーセンター横浜Twitter

ケルヒャーセンター横浜(同)※祝日・同社休業日以外の10~17時営業、駐車場8台まで

社史・沿革(同)*創業者であるアルフレッド・ケルヒャーが1935年に創業

法人サポーター会員:ケルヒャー ジャパン株式会社~ケルヒャーセンター横浜提供)

グーグル配信による広告と関連記事の紹介