港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

新横浜駅前の路線価が急上昇しました。全国の道路に面した土地(宅地)の価格を国税庁が調査した「路線価」の2019(令和元)年分が今月(2019年7月)1日に発表され、港北区内では小机を除く各駅前で上昇が見られ、特に新横浜や日吉、綱島の各駅前は高い上昇率となりました。

東口広場(横浜アリーナ側)前ビルの路線価は前年と比べ18万円上昇していた

港北区内にある12駅の駅前を見ると、新横浜駅の北口(新幹線側)にある東口広場(横浜アリーナ方面側)に面して建つビル群で、1平方メートルあたり162万円。前年と比べて16万円上昇しており、過去5年間では最も上がっています。

2023年3月末までに東急新横浜線(相鉄・東急直通線)で新横浜と結ばれる日吉や綱島の駅前も同様に高い上昇率となりました。

以下、港北区内における各駅前の路線価を紹介します。

  1. 新横浜駅東広場前(新横浜3丁目):162.0万円/平方メートル(前年比+18.0万円)
    )新横浜駅前の最高価格地点は駅ビル正面の178万円/平方メートルだが、現在は公共施設を含むため除外
  2. 日吉駅西口(日吉本町1丁目):96.0万円/平方メートル(前年比+5.0万円)
  3. 綱島駅西口(綱島西1丁目):77.0万円/平方メートル(前年比+3.0万円)
  4. 綱島駅東口(綱島東1丁目):56.0万円/平方メートル(前年比+2.0万円)
  5. 大倉山駅レモンロード側駅前(スターバックス付近):52.0万円/平方メートル(前年比+1.0万円)()レモンロードではスターバックス大倉山店付近のみが1万円高く、他の駅前はエルム通りと同価格
  6. 大倉山駅前エルム通り側駅前51.0万円/平方メートル(前年比+2.0万円)
  7. 菊名駅東口(旧綱島街道沿い):45.0万円/平方メートル(前年比+1.0万円)
  8. 妙蓮寺駅前(フィットケアExpress付近):40.0万円/平方メートル(前年比+1.0万円)
  9. 菊名駅西口(みずほ銀ATM付近・篠原北2):37.0万円/平方メートル(前年比+1.0万円)
  10. 新羽駅前(パティオワン前・川崎町田線沿い):32.0万円/平方メートル(前年比+1.0万円)()同価格の北新横浜駅前と比較し、過去6年間の上昇率が新羽駅前のほうが高かったため上位とした)
  11. 北新横浜駅前(エスポット前および宮内新横浜線側):32.0万円/平方メートル(前年比+1.0万円)
  12. 岸根公園駅前(フィットケアデポ付近・横浜上麻生道路沿い):31.0万円/平方メートル(前年比+2.0万円)
  13. 高田駅前(荏田綱島線沿い)30.0万円/平方メートル(前年比+0.5万円)
  14. 日吉本町駅前(日吉本町5丁目ほか・駅前道路沿い):28.5万円/平方メートル(前年比+0.5万円)
  15. 小机駅前(駅前広場前および横浜上麻生線沿い):26.5万円/平方メートル(前年比+0万円)

岸根公園駅前の横浜上麻生道路沿いでは路線価が2万円の上昇を見せた

岸根公園駅前では今年は2万円の上昇を見せ、過去5年間ではもっとも高い上昇幅。新羽や北新横浜の駅前に迫りつつあります。

一方、小机駅前は昨年と変化がなく、この5年間での上昇額は5000円にとどまっていました。

その他のエリアについては、国税庁のサイトから調査が可能です。

【参考リンク】

2019(令和元)年「横浜市港北区(路線価図・索引図)」(国税庁)

グーグルからの配信による広告