港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

デジタル社会の今だからこそ、地域に伝わる和の伝統芸能の継承を――第7回を数える「港北区民俗芸能のつどい」が、今月(2019年6月)16日(日)12時30分より(12時開場、16時30分終演予定)、港北公会堂(大豆戸町)で行われます。

第7回目となる「港北区民俗芸能のつどい」に挑む、港北区民俗芸能保存会の伊藤武夫会長(前列右から3人目)、金子慈渕副会長(同4人目)、浜田正二事務局長(後列中央)ほか幹事会の皆さん(2019年5月22日)

第7回目となる「港北区民俗芸能のつどい」に挑む、港北区民俗芸能保存会の伊藤武夫会長(前列右から3人目)、金子慈渕副会長(同4人目)、浜田正二事務局長(後列中央)ほか幹事会の皆さん(2019年5月22日)

横浜市港北区内で、古くから地域に根差し伝承されてきた演劇、舞踊、音楽などの「民俗芸能」を継承している団体や個人の相互交流や発表機会を提供し、区内の民俗芸能の存続と発展に寄与する目的で設立された「港北区民俗芸能保存会」が2012年9月に誕生。

「約10年ほど前から、区内の伝統芸能を行っている団体を探し始め、区内の神社の氏子会、町内会自治会、学校、有識者などを巻き込んで、この会を立ち上げることができました」と、同保存会事務局長で、岸根囃子連(岸根町)で活動を行う浜田正二さん

明治時代の中頃から100年以上の歴史を継いできたという、横浜興禅寺雅楽会(高田町)の会長で、同保存会副会長の金子慈渕さんも、「もともと、この保存会を立ち上げる前から、それぞれの団体は知り合い同士が多い状況でした」と、同会の設立がスムーズに成されたという当時の過程を振り返ります。

今月(2019年6月)16日(日)12時30分より開催される「港北区民俗芸能のつどい」の案内チラシ(主催者提供)

今月(2019年6月)16日(日)12時30分より開催される「港北区民俗芸能のつどい」の案内チラシ(主催者提供)

翌2013年5月から、毎年1回開催されてきた「民俗芸能のつどい」イベントの参加者数も、初年度から3年目までは最大でも300人程度だったものの、第4回・5回は各350人、昨年(2018年)開催の第6回は400人もの来場があるなど、「和」の文化を重んじる時代の流れもあるのか、より大きな注目を集めるイベントとして成長を続けています。

「港北芸術祭」の一環としても開催されるこの催しには、港北区内から8つの団体・グループが参加。ゲストに、昨年12月に行われた「第29回神奈川県高等学校郷土芸能発表会」で第1位に輝いた、桐蔭学園高校和太鼓部(青葉区)を迎えての演奏も行います。

プログラムの合間に、参加無料の和太鼓体験コーナーも企画するなど、子どもたちや若年層にもより民俗芸能に親しんでもらうための「仕掛けづくり」を行う同イベント。

今年のイベントは、新たに内閣府によるbeyond(ビヨンド)2020プログラム(日本文化の魅力を発信するとともに、共生社会、国際化に繋がる活動)にも認証されており、当日のプログラムに英語表記も予定するなど、地域のみならず、港北区や日本を訪れる世界中の人々に向けてのアピールも行っていく予定です。

インターネットのサイトを通じて積極的に情報発信を行う団体も(岸根囃子連~岸根町うぇぶのサイト)

インターネットのサイトを通じて積極的に情報発信を行う団体も(岸根囃子連~岸根町うぇぶのサイト

「地域に親しまれ、長い歴史・風土の中で育まれてきた伝統芸能を、これからの未来につないでいくためにも、ぜひこの発表会にご来場いただき、お近くの団体に参加・ご支援いただけたら」と、岸根囃子連(岸根町)に所属し、同保存会会長を務める伊藤武夫さん

地域での活動が劇的な少子高齢化による「共働き」「定年延長」などで難しくなるなか、地域の伝統芸能の発表機会からの、後世に向けての「継承」の試みに、各方面からのより一層の激励が集まっていきそうです。

なお、同イベント会場への入場は無料、一部座席を除き全席自由(先着順)、事前予約は不要です。

<参加団体・グループ一覧>

・鳥山町囃子保存会

・横浜興禅寺雅楽会

・菊名囃子連

・新羽はやし連

・綱島囃子保存会

・小机城址太鼓

・大曽根夢太鼓 どどん鼓

・岸根囃子連

【参考リンク】

港北区民俗芸能保存会公式サイト

第7回 港北区民俗芸能のつどい(文化庁~Culture NIPPON・beyond2020プログラムのサイト)

グーグルからの配信による広告