港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞
週間ランキング

週間ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。先月(2019年5月)31日(金)から今月(6月)6日(木)までの7日間を対象とし、計5万6538ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、6日(木)に公開した「 <新横浜駅ビル10階>朝食ブッフェや新型ドリンクバーの『ロイヤルホスト』が出店」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. <新横浜駅ビル10階>朝食ブッフェや新型ドリンクバーの「ロイヤルホスト」が出店(6月6日、2,233)
    → 2月から工事が行われていたキュービックプラザ新横浜の10階アトリウムですが、ロイヤルホストの出店が決まりました。港北区民には、区役所に隣接している綱島街道沿いの「大倉山店」が有名ですが、今月22日(土)にオープンする「新横浜駅ビル店」では、朝6時半からの朝食バイキング実施や、新型ドリンクバーの導入が予定されています。なお、オープン日は17時15分から記念コンサートも行われます
  2. <2019年6月>新横浜1丁目の環状2号と岸根交差点で「違反取締」強化、県警が公表(6月3日、1,538)
    → 今月、新横浜1丁目の環状2号線がスピード違反、岸根交差点は信号無視や横断妨害など交差点関連の取り締まり強化場所となっています
  3. 相鉄・JR「羽沢横浜国大駅」開業は2019年11月末、ダイヤとJR側車両は最終調整(3月29日、1,166)
    → 9週連続でランキング登場です。先日は相鉄のJR乗り入れ用の新型車両が鉄道愛好家団体から賞を受賞したとのことで、日本経済新聞の1面を使った巨大広告が掲出されていました
  4. <週間ランキング>新横浜花火、ふるさと港北まつり、新横浜駅ビルのイベントなど(6月1日、1,140)
    → 先週のランキング記事です
  5. <2019年>7/25(木)「新横浜花火大会」の翌日から盆踊り、パフォーマンスは9月中旬(5月23日、1,074)
    → 3週連続のランキング登場です
  6. 新横浜のココカラファインが業界再編も、スギと統合検討、マツキヨとも提携協議(6月3日、1,048)
    → 新横浜3丁目のイノテックビルに本社を置くココカラファイン。港北区民にはあまりなじみがないのですが、ドラッグストアの「セイジョー」や「ドラッグセガミ」の運営会社です。6社が合併して設立された経緯からか、合併前の企業と縁のない“中立地”で、交通至便な新横浜に2010年から本社を置いています。同社には「マツモトキヨシ」(千葉県)と「スギ薬局」(愛知県)の両大手から経営統合の申し出が連続。どちらと組んでも業界トップの規模となるだけに、全国的な注目が集まります。現在のところ、3社で組むという選択肢はないようですが、引き続き“中立地”である新横浜に本社を置いてほしいと願うばかりです
  7. 今週末6/1(土)は新横浜で2019年「ふるさと港北ふれあいまつり」、80周年式典も(5月29日、963)
    → 2週連続のランキング登場。先週のイベント当日は一時晴れの天候でかなり熱い気候のなか、多数の区民が訪れていたほか、過去2代の港北区長や港北区関係者も会場に姿を見せていました。ドラえもんショーの時間帯は、ステージ周辺がぎっしり満員で身動きが取れないほどの熱気でした。記事に当日の写真を少し追加しています
  8. <又口橋近く>一般客お断りのホームセンター風「建デポ」、コーナンが買収(6月5日、875)
    → 岸根交差点に近い横浜上麻生線沿いの鳥山町にある「建デポ」。建築のプロには知られた存在ですが、一般客は利用できません。このほどホームセンター「コーナン」の運営会社に買収されました
  9. JR横浜線を走る唯一の特急「はまかいじ」、ダイヤ改正後は運行計画が発表されず(3月6日、832)
    → 2週連続でランキング登場です。今夏の臨時列車としても運転される予定は発表されていません
  10. 新横浜1丁目に新築の「ポルシェ」研修センターが稼働、太尾新道沿いから移転(6月4日、829)
    → 以前は新横浜3丁目の太尾新道沿いにあった「ポルシェ」の研修センター。このほど、新横浜1丁目の新幹線高架側に拡大新設されました。至近には正規販売店である「ポルシェセンター横浜」もあり、周辺は日本のポルシェ関係者やユーザーが集まる場所となりそうです

※「週間ランキング」のバックナンバーはこちら

※「日吉・綱島・高田エリア」の週間ランキングはこちら

グーグルからの配信による広告