港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

法人サポーター会員による提供記事です】「お掃除が楽しくなる」文化を、ヨーロッパ・ドイツから発信しているケルヒャー製品で、母の日を彩ってみませんか

ケルヒャー ジャパンのオンラインショップでも、でも、5月10日(金)まで「母の日キャンペーン」を実施している

ケルヒャー ジャパンのオンラインショップでも、5月10日(金)まで「母の日キャンペーン」を実施している

ドイツで1935年に創業、世界190カ国で愛用されている大手清掃機器メーカー・ケルヒャー社(Kärcher)の日本法人・ケルヒャー ジャパン株式会社(佐藤八郎社長)は、2017年8月に東北・宮城県(黒川郡大和町=たいわちょう)から本社を新横浜(大豆戸町)に移転。

本社ビル1階の展示・販売スペース「ケルヒャーセンター横浜」での土日営業の開始や、スペースのリニューアルを通じ、より「地域に開かれた」コミュニティ・スペースとしての機能を強化させるチャレンジをスタートしています。

今年(2019年)2月に、新たに「ケルヒャーセンター横浜」のリーダーに就任した上野勝伸さん。「母の日応援キャンペーンにぜひお越しください」と、ケルヒャー仕様にラッピングした製品を手に

今年(2019年)2月に、新たに「ケルヒャーセンター横浜」のリーダーに就任した上野勝伸さん。「母の日応援キャンペーンにぜひお越しください」と、ケルヒャー仕様にラッピングした製品を手に

きのう(2019年)5月7日から、今年の母の日にあたる5月12日(日)まで、同センターで初めて企画された「母の日応援キャンペーン」では、「ささやかなプレゼントとしてチョイスいただけるよう、人気の3製品を選び、母の日用のラッピングを行えるようアレンジしました」と、同センターリーダーの上野勝伸さん

対象製品は、コンパクトで持ち運び可能な、屋外などで使用しやすいバッテリータイプの洗浄機「マルチクリーナーOC 3」(店頭価格2万1578円、価格は全て税込)、スティック型の軽量1.2キログラムで手軽に使える「スティッククリーナーKB 5」(1万4018円)、窓やガラスのみでなく、お風呂の水滴取りや冬場の結露取りにも使用できる「窓用バキュームクリーナー WV 1 プラス」(7538円)。

「スティッククリーナーKB 5」は、イエローと白の2種類を選べる。重さも1.2キログラムと軽量で手軽に使える

「スティッククリーナーKB 5」は、イエローと白の2種類を選べる。重さも1.2キログラムと軽量で手軽に使える

また、そのほかの同社の主力製品である高圧洗浄機やスチームクリーナー各種はリボン装飾でプレゼント用のアレンジを実施。清掃機器の購入者(アクセサリーやグッズなど除く)には、ケルヒャーオリジナルのメッセージカードもプラスで添えることができるとのこと。

12日(日)までの期間中、清掃機器とアクセサリーを合計2万円以上購入の方に、同センターで利用できるディスカウントクーポン(10%割引)、または洗浄剤(高圧洗浄機用、スチーム用ボイラー洗浄剤、窓用バキューム用洗浄剤のうちどれか1つ)をプレゼント予定です。

新緑が街にあふれ、掃除にも“最適”な気候といえるこの季節。「今年(2019年)の母の日は、日頃の感謝の気持ちと一緒に、家中を楽にスッキリ、キレイにお掃除して、お母さんに『ゆとりのひととき』を贈ってみませんか」と、上野さん、同センタースタッフは、「母の日キャンペーン」の来店利用を呼び掛けています。

5月25日(土)、26日(日)に「掃除が楽しくなる」初セミナー

一見、わかりにくい操作方法も、スタッフがわかりやすく説明予定

一見、わかりにくい操作方法も、スタッフがわかりやすく説明予定

同センターでは、ケルヒャー製品の魅力を伝えるための「ケルヒャーデビューの方向け店頭セミナー」を、5月25日(土)、5月26日(日)11時から、13時から、15時からの計3回、初めて開催します(各回約1時間を予定)。

「掃除が楽しくなる」ための同社製品の魅力をピックアップ。最初のステップとして、高圧洗浄機とスチームクリーナーの違いやセットアップ方法、使用する際のコツや注意点などを解説。質疑応答なども交えてのセミナーとして実施する予定です。

上野さんは、「製品購入を検討されている方、購入したが上手に活用できていない方にも、楽しみながら、より分かりやすく製品をご利用いただけるようなセミナーを企画中です。疑問に思うこともすっきり解決いただければ」と、これからも定期的に開催していきたいという同セミナーの準備を進めているといいます。

より「地域に開かれた場所」を目指すケルヒャーセンター横浜。駐車場完備、新横浜駅のみならず菊名、大倉山方面からもアクセス可能

より「地域に開かれた場所」を目指すケルヒャーセンター横浜。駐車場完備、新横浜駅のみならず菊名、大倉山方面からもアクセス可能

参加者には、同社オリジナルのボールペンとディスカウントクーポン(店頭販売価格から10%引き・同センター内で利用可能)もプレゼント予定とのこと。

テレビCMなどでは見る機会が多い「ケルヒャー製品」に“生”で触れ、親しめる貴重な機会「地域で親しめる」場所としての歩みを始めた同社の新たなチャレンジに、これからもより大きな注目が集まっていきそうです。

なお、同セミナーは各回定員6人、参加費は無料。電話(045‐438‐1408)での事前予約が必要です。

【関連記事】

世界展開の新横浜ケルヒャーセンターが刷新、4/27(土)・28(日)に体験イベントも(2019年4月16日)

世界最大級の清掃機器メーカー・独ケルヒャーが新横浜を本社に選んだ理由(2017年11月16日)

【参考リンク】

ケルヒャー ジャパン公式サイト

ケルヒャー『母の日』アンケート調査(同社のニュースリリース)[PDFファイル]

母の日に感謝の気持ちとケルヒャーを(ケルヒャー ジャパン~オンラインショップ)

ケルヒャーセンター横浜(同)※営業案内・アクセス地図あり

ケルヒャー センター横浜 ブログ

法人サポーター会員:ケルヒャー ジャパン株式会社~ケルヒャーセンター横浜提供)

グーグルからの配信による広告