港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

法人サポーター会員による提供記事です】世界190カ国で愛用されている「黄色」が目印の清掃機器を、実際に触って体験してみませんか。

今年(2019年)2月からリニューアルしたケルヒャーセンター横浜で。土曜、日曜も営業、家庭用と業務用を合わせ計1万3700品目(4月12日現在)の全製品・全アクセサリーを取り扱う

今年(2019年)2月からリニューアルしたケルヒャーセンター横浜で。土曜、日曜も営業、家庭用と業務用を合わせ計1万3700品目(4月12日現在)の全製品・全アクセサリーを取り扱う

新横浜駅や横浜アリーナにも近い環状2号線沿いの大豆戸町に本社を置くケルヒャー ジャパン株式会社(佐藤八郎社長)は、今年(2019年)2月から、同本社ビル1階の「ケルヒャーセンター横浜」を全面リニューアル。

当初は平日のみの営業だった同センターは、昨年(2018年)9月からは、土曜、日曜にもオープン(10時から17時まで、祝日や長期休暇時など除く)するなど、より「地域に密着」しての経営を目指すための運営に力を入れているといいます。

一昨年前(2017年)の夏、東北・宮城県(黒川郡大和町=たいわちょう)から本社を移転し、「この地=新横浜」を“日本の中心拠点”として選んだケルヒャー ジャパン。

春から夏に向けて、屋内外の清掃に活躍する高圧洗浄機が人気。実機を試す体験も

春から夏に向けて、屋内外の清掃に活躍する高圧洗浄機が人気。実機を試す体験も

同センターの責任者で、家庭用商品のEコマース部門も担当しているマネージャーの榛村(しんむら)純一さんは、「移転した年の3月に高速道路・横浜北線(通称:きたせん)も開通し、新横浜から羽田空港のアクセスが短縮したこと、また新幹線などで全国に17カ所展開する営業拠点などとの行き来もよりしやすく、日本国内のみならず、世界の国々からもアクセスしやすいことも、この地に本社を移す大きな要因となりました」と、改めてこの地に本社を移した理由について説明します。

世界70の国と地域に現地法人を置く同社では、高圧洗浄機や床洗浄機、スチームクリーナーを始めとする同社の全製品(家庭用・業務用・各アクセサリー・洗浄剤含む)を展示・販売し、専任のスタッフが直接対応する店舗として、世界各国に「ケルヒャーセンター」を設置しています。

床掃除にもパワーを発揮する家庭用高圧洗浄機のシリーズ。床の清掃でデッキクリーナー(ブラシ)を使うと、水の跳ね返りを防ぐことができる

床掃除にもパワーを発揮する家庭用高圧洗浄機のシリーズ。床の清掃でデッキクリーナー(ブラシ)を使うと、水の跳ね返りを防ぐことができる

日本では、移転前の本社を置いていた宮城県(ケルヒャーセンター仙台)に引き続き、ここ新横浜で、世界で600番目のケルヒャーセンターとして本社移転と同時にオープンしていますが、家庭用と業務用を合わせて計1万3700品目(2019年4月12日現在)の全製品・全アクセサリーを取り扱い、展示や販売、修理の受付を行っています。

今年2月、新たに同センターのリーダーに就任した上野勝伸さんによると、日本で唯一、家庭用製品でカタログに掲載している全ての製品とアクセサリーを触って体験できる店舗となっており、「各家電量販店やホームセンターなどの小売店でもケルヒャー商品販売をしていますが、アクセサリーなども含めて“今すぐ製品をほしい”場合や、細かな機能を“触って”比較したい場合などにぜひ来店いただければ」と、まさに“日本一”の品揃(ぞろ)えとなる同センターならではの製品の実機体験もしてもらえたらと意気込みます。

また、センターをリニューアルした理由についても、「交通至便な場所にあるセンターとして、日本中、そして首都圏各地からの来客も想定していますが、特に新横浜周辺の皆さんには、製品を(購入前に)実際に触って、納得して、(それらの機能や性能に)“感動”いただくだけでなく、購入後にも使い方などをいつでもご案内できるようにリニューアルを行いました」と上野さん。

家庭用製品であれば全機種の実機の体験を行うことができますが、「業務用の製品も、事前にお問い合わせをいただければ、実機の機能などを確認いただけるよう調整しますので、ぜひお知らせください」と、個人、そして法人に対しても、より地域に密着し、近隣からの利用をしてもらえるような仕掛けや工夫をしていきたいとの想いを熱く語ります。

センター内では自動販売機と打ち合わせなども可能なテーブル席も設置。クレジットカードや電子マネーも取り扱っているとのこと

センター内では自動販売機と打ち合わせなども可能なテーブル席も設置。クレジットカードや電子マネーも取り扱っているとのこと

ゴールデンウィーク序盤の4月27日(土)と28日(日)には、同センターで「ケルヒャー製品体験会」イベントを10時から17時まで実施することも新たに決定。

メーカー直営店であるメリットから、「お客様ご自身の関心のある製品を納得のいくまで体験することが可能です。専門知識を持つスタッフが、製品やオプションアクセサリーに関する不明点にもお答えしています。商品の活用方法についても、お一人、お一人にあったご提案をさせていただくことで、問題や課題を一緒に解決することができればと考えています」(上野さん)と、自宅や自家用車など、きれいに“洗浄”したい場所に対して、何を、どのように使えばいいか知りたい方に、ぜひ一度来店してもらいたいとのこと。

ケルヒャーセンター横浜は、新横浜駅から徒歩約10分、菊名駅から約13分。横浜アリーナや太尾新道交差点すぐ、環状2号線沿いのジョナサン新横浜駅前店向かいにある

ケルヒャーセンター横浜は、新横浜駅から徒歩約10分、菊名駅から約13分。横浜アリーナや太尾新道交差点すぐ、環状2号線沿いのジョナサン新横浜駅前店向かいにある

両日は、同社最大の人気商品となっている高圧洗浄機スチームクリーナーなどの実機体験や、限定数での両機器・洗車や消耗品セットなどのアクセサリー販売、アウトレット品の特価販売を行う予定となっており、「1万円以上(税込)ご購入の先着50名様にはオリジナルキャップのプレゼントを計画中です。ゴールデンウィークの前半にご家族での行先が決まっていない方々に、ぜひ当センターへお越しいただき、楽しく製品を見て、触って、そしてそれらの利便性を感じていただければ」と、広く体験イベントへの参加を呼び掛けています。

【関連記事】

世界最大級の清掃機器メーカー・独ケルヒャーが新横浜を本社に選んだ理由(2017年11月16日)

【参考リンク】

ケルヒャー ジャパン公式サイト

ケルヒャーセンター横浜(同)※営業案内・アクセス地図あり

ケルヒャー 春のキャッシュバックキャンペーン(同)※5月31日(金)まで

ケルヒャー センター横浜 ブログ

ケルヒャー ジャパンTwitter

法人サポーター会員:ケルヒャー ジャパン株式会社~ケルヒャーセンター横浜提供)

グーグルからの配信による広告