港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

2019年は4月21日(日)から27日(土)まで開かれる10回目となる「憲法を書き展示する会」のチラシ(主催者提供)

今年で10回目を迎える恒例イベントが今月開かれます。菊名駅西口に近い篠原北1丁目の「ギャラリー&スペース弥平(やへい)」で、「憲法を書き展示する会」(同ギャラリー主催)が今月(2019年4月)21日(日)から27日(土)まで開かれます。

憲法の条文や全文などを実際に書いたり、憲法に関連した絵画や書、文章、写真などの作品を創ったりして一同に展示する展覧会で、期間中には憲法に関連した映画上映や講演会も予定されています。

4月21日(日)14時からにバクレー監督を招いて行われるドキュメンタリー映画「ザ・思いやり」の上映会チラシ(主催者提供)

今月21日(日)は、米国人監督のリラン・バクレーさんが在日米軍への“思いやり予算”をテーマにユーモアを交えて撮影したドキュメンタリー映画「ザ・思いやり」(入場料1000円)を14時から上映するとともに、バクレー監督を招きます。

27日(土)拓殖大学の関良基教授を招き、13時30分から15時30分まで「赤松小三郎って知っていますか?~江戸末期、すでにあった現憲法委つながる立憲構想」と題して講演会(入場無料)が行われます。

【関連記事】

丸10年を迎える菊名の「ギャラリー弥平」、亡き創設者の思い継ぎ新たな落語イベント(2016年11月19日、ギャラリー弥平の紹介記事)

【参考リンク】

憲法を書き展示する会2019の案内ページ(ギャラリー&スペース弥平)

ギャラリー&スペース弥平の公式サイト

グーグルからの配信による広告