港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

横浜市会議員と神奈川県議会議員、同県知事の3つの選挙が一度に行われる今回の「統一地方選挙」。今月(2019年4月)7日(日)の投票日を前に、「トレッサ横浜」と「港北区役所」内でもそれぞれ期日前投票が可能です。

市議・県議・知事の3つの選挙が同時に行われる(区内菊名の選挙ポスター掲示板)

港北区内では横浜市議選が定員8人に対し12人が立候補し、4人が落選するという大激戦。そのためか、各駅前での街頭演説がひっきりなしに行われ、住宅街や主要道路では選挙カーを使った候補者名の連呼が続くなど、街全体が騒がしくなっています。

県内各選挙区で無投票が相次ぐ神奈川県議選も、港北区選挙区では、ベテラン女性現職が引退して無投票が取り沙汰されたものの、新たに女性候補が参戦。自民党2氏と共産党1氏現職3氏に対し、衆院秘書から転じた立憲民主党の新人と、前神奈川県知事が率いる「希望の党」の新人がそれぞれ初めての選挙に挑んでいます。

4月7日(日)の投票日に港北区内で設けられる44カ所の投票所と投票区域の一覧(横浜市選挙管理委員会サイトより)※クリックで拡大

4月7日(日)の投票日は、小学校や公共施設など港北区内に44カ所設けられる投票所のうち、投票券に指定された場所で朝7時から夜20時までの間に投票をする必要があります。

一方、日曜日は都合が悪く投票ができない場合は、きょう(5日)とあす(6日)「港北区役所」の3階(8時30分~20時)と、「トレッサ横浜北棟」の2階リヨン広場(10時~20時)に設けられる期日前投票所で投票することも可能で、送付された入場券を持参しなくても問題はありません

(※)この記事は「横浜日吉新聞」にも同時掲載しています

【関連記事】

【4/7(日)投票】12人が立候補し4人が落選する激戦港北区の「横浜市議選」(2019年3月30日、横浜市議選の全候補者を紹介)

直前で無投票を回避した港北区の「神奈川県議選」、定員4人に5人が出馬(2019年3月30日、県議選の全候補者を紹介)

【参考リンク】

横浜市選挙管理委員会

グーグルからの配信による広告