新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト
新横浜・菊名・大倉山・新羽など港北区南部の地域情報サイト

今日はこけら落としの日、(こけら落とし公演を行った日から)30年ぶりです。ありがとう――。

松任谷由実さんによる横浜アリーナの30周年記念公演には約1万3000人が訪れた

「横浜アリーナ」が今月(2019年4月)1日でオープンから30年を迎えたことを記念し、30年前に“こけら落とし公演”を担った松任谷由実さんによる公演がきのう(4月)4日夜に行われ、訪れた約1万3000人の来場者を前に3時間近くにわたるステージを披露しました。

今回の松任谷さんによる公演は、デビュー45周年を記念した「TIME MACHINE TOUR(タイムマシンツアー)Traveling through 45 years」と題した全国ツアーの一環で、同日は横浜アリーナの30周年記念として企画されたもの。

館内の東西南北いずれの方向の座席からも見えるように中央部にステージを置く形で行われた同日の公演は、平成時代に発表した「春よ、来い」をはじめ、1980年代の「守ってあげたい」や1970年代の「ひこうき雲」「やさしさに包まれたなら」といった著名曲が歌われるとともに、曲に合わせての壮大かつ、きらびやかなパフォーマンスや衣装も披露。

公演の最終盤には、「今日はこけら落としの日です。(こけら落とし公演を行った日から)30年ぶりです。ありがとう」と語り、30年前には「私は “無敵の30代” の真っ只中」(横浜アリーナへ贈ったお祝いメッセージ)だった松任谷さんが、横浜アリーナで行ったこけら落とし公演に触れつつ、デビューから45周年という月日を振り返る3時間弱のステージを締めくくっていました

なお、松任谷さんの公演は、あす6 日(土)と7日(日)も横浜アリーナで予定されています。

【2019年11月28日追記】

松任谷由実さんは、「4月4日(木)6日(土)7日(日)の横浜アリーナ公演を、延べ80台を超えるカメラで完全収録」したという映像作品「TIME MACHINE TOUR Traveling through 45years」(DVD/Blu-ray)を2019年11月6日に発売しました。

そのなかでは、

「ゆかりあるこの横浜アリーナで、というのは、このタイムマシンツアー、横浜アリーナの初日、4月4日は30年前に私がここのこけら落としをさせていただいた日なんです。こんな形でまたここに立てるなんて……ちょっと思ってたかな」(会場笑)

とのMC(曲間のコメント)部分も収録されています。

なお、30年前の1989(平成元)年4月に行われた横浜アリーナのこけら落とし公演時には、

ずっとツアーのスタートは横浜と決めていたのですが、今回は色んな都合で(千葉県浦安市の)ベイNKホールになった。(横浜アリーナのこけら落とし公演は)絶対、横浜に呼ばれているな、という気がする。お世辞じゃなく、音響も内装もすべてが素晴らしく、本当にこのホールは感動した。こけら落としを指名していただいて本当に感謝しています。すごく思い出に残ると思います。

といった内容のMCを行っていました。

【関連記事】

平成と歩んだ「横浜アリーナ」が30周年、こけら落とし公演の松任谷由実さん招く(2019年1月18日)

横浜アリーナ30周年公演など収録、WOWOWで松任谷由実さんライブ番組(2019年7月26日)

【参考リンク】

「松任谷由実 TIME MACHINE TOUR(タイムマシンツアー)Traveling through 45 years」の案内ページ(2019年4月4日・6日・7日、横浜アリーナ)

横浜アリーナ30周年記念サイト