港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

北新横浜駅近くにある横浜市営地下鉄ブルーラインの「新羽車両基地」(車庫)の遊休地を使ったスポーツ施設「あおばスポーツパーク」の完成時期は、年明けの2019年春までにずれる見通しです。複数の関係者が明らかにしました。

フットサルコート「あおばスカイフィールド」の公式サイトはすでに開設されている

横浜市交通局では、新羽車両基地の有効活用を図るため、車庫の屋上や1階部分をスーパー「食品館あおば」などを運営するビック・ライズ(青葉区荏田北)へ貸し出すことを2016年末に決定。

フットサルコートテニスコートバッティングセンターといったスポーツ関連施設に加え、軽食を提供するカフェやマルシェ広場も整備する計画で、今年初めごろから本格的な工事が行われています。

365日間毎日稼働している電車車庫内での工事だったこともあり、完成が遅れたとみられる(10月9日、北新横浜で)

一方、早朝から深夜まで稼働を続ける車両基地の上部を使うなど、前例の少ない計画だったこともあり、「さまざまな面で慎重にならざるを得なかった」(関係者)として、当初予定していた秋のオープンに間に合うペースでは、工事が進んでいないといいます。

現状では、早ければ来年1~2月中のオープンが見込まれており、3月末までには施設の全面完成となる見通しです。

【関連記事】

新羽車両基地の「スポーツ施設」は9月以降に、テニスコートやバッティング場も計画(2018年1月26日)

2/10(土)のTVK「ハマナビ」で新羽車両基地、“屋上特集”で活用状況を放送(2018年2月9日)

新羽の「バッティングセンター」が北新横浜へ移転、釣り堀とミニ四駆店は閉店(2018年8月28日、あおばスポーツパークへの移転を予定しているとみられる)

【参考リンク】

あおばスカイフィールド(フットサル場)の公式サイト

スウィングスタジアム横浜(新羽町)の公式Facebookページ(移転が遅れている旨の告知も)

グーグルからの配信による広告