港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

日産スタジアム東ゲート近くの浜鳥橋バス停前にある「横浜市総合保健医療センター」(鳥山町)では、今月(2018年10月)13日(土)に一般公開イベントの「文化祭」を開きます。

横浜市総合リハビリテーションセンター(左)との並びにある「横浜市総合保健医療センター」。横浜ラポールは両建物の裏側にある

総合保健医療センターは、精神障害者や高齢者など要援護者のための施設として、「障害者スポーツ文化センター横浜ラポール」や「横浜市総合リハビリテーションセンター」との一連の敷地内に横浜市が1992年に開設。

心の病を抱える人々への社会復帰を支援するため、デイケアや就労支援、生活訓練などを行うほか、隣接地には介護老人保健施設「しらさぎ苑」も併設し、横浜市総合保健医療財団(港北区鳥山町)が指定管理者として運営を担います。

文化祭は10時から15時まで、健康薬膳試食会やネイル、ビーズ小物作りといった体験コーナーをはじめ、ミニコンサート、認知症カフェ、内臓脂肪CTなどの多彩な企画を用意。また「LDLコレステロールが気になる方へ」と題した講座(参加費500円)も14時から予定されています。

【参考リンク】

横浜市総合保健医療センターの公式サイト

横浜市総合保健医療センター「文化祭」の案内

グーグルからの配信による広告