港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

菊名駅西口に近い篠原北1丁目の「ギャラリー&スペース弥平(やへい)」では、今月(2018年9月)22日(土)から28日(金)まで、恒例の美術工芸グループ展「秋の彩游会展」(同ギャラリー主催)が開かれます。

ギャラリー&スペース弥平で9月22日(土)から28日(金)まで行われる第7回「秋の彩游会展」のチラシ(同ギャラリーの公式サイトより)

今年で第7回を迎える同展は、港北区と周辺在住者を中心に絵画などの平面作品に加え、羊毛フェルトやシルバーアクセサリ-、手工芸品や人形といった立体作品も出品されているのが特徴で、小さな手作りの品から大作の絵画まで身近に鑑賞することができ、作品の販売も行われます。

開催は期間中の11時から17時まで(28日のみ15時終了)。開催初日となる22日(土)は全作家と交流できる機会として懇親会も15時から17時まで予定されています。いずれも入場は無料です。

【関連記事】

丸10年を迎える菊名の「ギャラリー弥平」、亡き創設者の思い継ぎ新たな落語イベント(2016年11月19日)

【参考リンク】

第7回「秋の彩游会展」開催のお知らせ(ギャラリー&スペース弥平)

ギャラリー&スペース弥平の公式サイト

グーグルからの配信による広告