港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

飲食店が提供する料理を自宅などへ配達する米Uber(ウーバー)のサービス「ウーバーイーツ(UberEATS)」は、先月(2018年8月)24日ごろから港北区のほぼ全域から利用できるように対応エリアを拡大しました。

配達は店舗とは直接的な雇用関係のない配達員が請け負い、自転車やバイクで届ける(2018年5月撮影)

タクシー相乗りアプリで知られる米国企業ウーバーテクノロジーズによるこの配達サービスは、日本では2016年9月から東京都内中心部で始め、昨年(2017年)11月には横浜中心部に拡大したことにともない、篠原町や菊名などの一部も対象エリアとなり、今年5月には川崎市中原区や日吉エリアの一部にまで拡大していました。

配達は各飲食店とは直接的な雇用関係のない配達員が勤め、配達員はスマートフォンに連絡が来れば店まで商品を取りに行って注文者へ配達し、1件あたり500円から1000円程度の報酬を得るというシステム。

今回の対象エリア拡大は、横浜中心部から川崎中心部の一帯にかけて広がっており、新横浜や大豆戸町、新羽町など港北区内全域でサービスが利用できるようになっています。

ウーバーイーツが発表した対応エリアマップによると第三京浜道路より海側の横浜と川崎両市内は対応エリアとした模様(ウーバーイーツの発表ページより)

利用者は配達エリア内にある自宅や事務所だけでなく、駐車場や駅といった場所でも商品の受け取りが可能で、注文から受け取りまではスマートフォンのアプリを通じ、配達状況や配達員のプロフィールなども分かります。

配達が可能な店舗は、配達する場所や時間帯、曜日などによって異なり、実店舗が多忙な際は配達を受け付けないことも。対応店舗と商品受け取りまでの時間は店からの距離によっても変化し、たとえば、新横浜でも1丁目と2丁目では、距離的に近い1丁目では神奈川区の一部店舗からも配達が可能となっています。

9月4日(火)12時50分ごろに新横浜を配達先に指定した際、上部に表示された対応店舗(一部)

提供している料理内容も各店によってさまざまで、多くの店が配達用の特別メニューとして、店舗より割高となっているケースが目立ちます。

通常は1件あたり380円の配達料金が必要ですが、今回新たにエリアに加わった新横浜などへ配達する場合は、今月30日まで配達料を無料とするキャンペーンも行われています。無料が適用されるかどうかは、専用アプリ内で確認が可能です。

【関連記事】

飲食店の配達サービス「ウーバーイーツ」、11/1(水)から菊名や篠原周辺も対象か(2017年11月1日、昨年11月にいち早く篠原や菊名エリアで対応)

日吉でも静かに始まっていた、世界的な飲食配達サービス「ウーバーイーツ」(横浜日吉新聞、2018年5月25日、仕組みの詳細や注文体験レポートも)

【参考リンク】

ウーバーイーツ(UberEATS)※上部に住所を入れると対応店舗が出てくる

Uber Eatsの仕組み(Uber Eats日本語サイト)

グーグルからの配信による広告