港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

恒例のトークイベントは、「農業」をテーマに今月(2018年7月)23日(月)夜に行われます。8回目となる「港福一夜城(こうふくいちやじょう)」(港福城プロジェクト、菊名桜山公園愛護会共催)の6回目が菊名3丁目の菊名桜山公園(カーボン山)野外ステージで開かれます。

7月23日(月)夜に菊名桜山公園(カーボン山)で行われる「港福一夜城VOL8~野菜と食と“まち”のこと」のチラシ(主催者提供)

野菜と食と“まち”のこと」と題した今回は、区内の高田地区で2013年に就農し、無農薬・無化学肥料栽培の野菜を日吉をはじめとした周辺エリアの自然食品店などで販売している古川原琢(ふるかわらたく)さんと、菊名地区で代々農家を営む家で育ち、2005年に「野菜レストランさいとう」(菊名6)をオープンした齊藤良治(よしはる)さんを招き、都市部での農業がどう進化していくのかを語り合う内容になっています。

年々規模が縮小しつつある都会の農業を舞台に、首都圏で注目を集める2人は、区内での都市農業にどのような未来像を描いているのでしょうか。

今回は同トークイベントとしては初めての野外開催で、会場の菊名桜山公園には、キッチンカーも登場する予定。開催時間は18時30分から20時45分までで、事前の申込みが必要で参加費は1000円となっています。

当日15時の段階で雨天の場合は「港北区地域子育て支援拠点どろっぷ」(大倉山3)に会場が変更になるとのことです。

【参考リンク】

港福一夜城VOL8 野菜と食と”まち”のこと@菊名桜山公園の案内・申し込みページ(こくちーず(告知’S).)

港福一夜城のFacebookページ

グーグルからの配信による広告