港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

この夏、館内がスポーツスタジアムに――。新横浜駅直結の駅ビル「キュービックプラザ新横浜」は、今週(2018年7月)13日(金)から40日間にわたり「体感!バーチャルスタジアム」を10階アトリウムなど複数階で8月30日(木)まで行います。

キュービックプラザの館内にスポーツスタジアムの雰囲気を再現する(キュービックプラザ提供)

今回のバーチャルスタジアムは、“スタジアムを擬似体験”と題し、10階アトリウムに競技場のピッチやトラックを再現したり、7階と9階の西側エレベーター前ではスタンドの様子やトラックの短距離走などの様子が分かるスポットを設置したりしています。5階から9階東側でもサッカーゴールの実物大やラグビーのトライなどが体感できるといいます。

これに加え10階ではアトリウムにサッカーやラグビー、音楽イベントなどの世界的イベントが行われた日産スタジアムが所有する品々を8月16日(木)から30日(木)までの期間に展示。

日産スタジアムのスタンドを再現するほか、ポイントカード(無料)の会員向けに同スタジアムの「ワールドカップスタジアムツアー」に無料招待する企画も(キュービックプラザ提供)

また、今月21日(土)と22日(日)、8月18日(土)と19日(日)には「キッズスポーツチャレンジ」と題し、子どもがラグビーボールやサッカーボールを使った的当てゲームをはじめ、ハンマー投げや円盤投げの器具の重さを体験できるコーナーも設置されます。

さらには、キュービックプラザ新横浜のポイントカード(無料)の会員向けに日産スタジアムでの「ワールドカップスタジアムツアー」に無料招待する企画を今月13日(金)から8月29日(金)までの土日や祝日を中心に計14日間(1日4回)にわたって行います。

来年のラグビーワールドカップや2020年の東京五輪大会のサッカー競技では至近の日産スタジアムが会場となっているだけに、事前の盛り上げに一役買うことになりそうです。

【参考リンク】

キュービックプラザ新横浜 夏展開「体感!バーチャルスタジアム」について(2018年7月13日~8月30日)

グーグルからの配信による広告