港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

2階建ての建物に多目的室や学習室、図書室などを備える「菊名コミュニティハウス」

菊名駅東口から徒歩5分の綱島街道近くにある「菊名コミュニティハウス」は、来月(2018年7月)1日(日)から31日(火)まで1カ月間にわたって休館します。館内のガス式空調機を変更するためだといいます。

菊名コミュニティハウスは、「地区センター」に準じた位置付けの地域コミュニティ施設として、丘の上にある菊名町公園や旧横浜市医師会看護専門学校の近接地で2001年にオープン(建物は1968年築)。約3800平方メートルの敷地に建てられた2階建ての建物内には、会議に使える多目的室のほか、学習室や図書室などを備えます。

菊名駅東口からアクセスすると丘の上にある

同ハウスは、1968(昭和43)年に開設された「港北区青少年図書館」(2000年廃止)から転換した施設ということもあって、図書室が充実しており、約1万3500冊の蔵書を備えているのが特徴。2016年4月から2021年3月末までは一般財団法人こうほく区民施設協会が指定管理者として運営を担っています。

7月中の休館後は、月曜日から土曜日が9時から21時、日曜・祝日は9時から17時まで開館し、毎月第3月曜日を休館日としています。

【関連記事】

菊名の看護専門学校は解体、1600平方メートル超の「市有地」活用方針に注目(2018年5月25日、近接地)

【参考リンク】

菊名コミュニティハウスの公式サイト

グーグルからの配信による広告