港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

日産スタジアムの東ゲート(新横浜駅側)のスタンド下にある「横浜市スポーツ医科学センター」では、「スポーツ版人間ドック」の受診と今年(2018年)10月下旬に行われる「横浜マラソン」の出走権利がセットになった特別企画を今月(6月)11日から8月2日までの計17日間にわたって行います。

横浜市スポーツ医科学センターは、日産ウォーターパーク(プール)と同じ出入口を使っている

スポーツ版人間ドックは、内科診察や血液検査など一般的な医学的検査に加え、一般の健康診断や人間ドッグでは行われない運動負荷試験や体力測定といった検査も行われるもので、“健康と体力”を同時に知ることができる同センターならではのプログラムとなっています。

今回の特別企画では、このスポーツ版人間ドックを受診すると、10月28日(日)に開催予定の「横浜マラソン2018」の出走権も得られる仕組み。スポーツ版人間ドック受診料の1万5000円(市民・在勤・在学者以外は2000円高)に加え、横浜マラソン出走料(1万5000円)が別途必要です。

申し込みは同センター(045-477-5050)へ。

【参考リンク】

横浜マラソン2018 出走権利が獲得できる特別企画(横浜市スポーツ医科学センター)

「スポーツ版人間ドック」について(横浜市スポーツ医科学センター)

グーグルからの配信による広告