港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

菊名駅西口に近い篠原北1丁目の「ギャラリー&スペース弥平(やへい)」で恒例の「憲法を書き展示する会」(同ギャラリー主催)が今週末(2018年4月)21日(土)から27日(日)まで開かれます。

恒例の「憲法を書き展示する会」は4月21日(土)から27日(日)まで開かれる(ギャラリー&スペース弥平提供)

2010年から続いているイベントも今回で9回目。期間中は一般から募集した憲法に関する絵画や書、詩歌などの創作作品が一同に展示されるとともに、映画上映会や講演会も行われます。

22日(日)には13時30分からドキュメンタリー映画「不思議なクニの憲法2018」(松井久子監督)の上映会松井久子監督との意見交換会を実施。昨年の作品に新たな取材を加えた新バージョンの上映を通じ、憲法改正のあり方を考える企画となっています。入場料は500円。

来週25日(水)は18時30分から20時30分まで、神奈川新聞社の記者で憲法に関する著述活動も積極的に行っている田崎基(もとい)さんを招き、「岐路の憲法~安倍改憲の表層と深層」とのテーマで、講演と意見交換会が開かれます。入場は無料です。

憲法改正が国会で議論となるなかで、創作作品や講演などを通じ、現在の日本国憲法を知り、さまざまな見方を学ぶための機会となりそうです。

【関連記事】

4/22(土)から開催のギャラリー弥平「憲法展」が進化、映画や落語会も(2017年4月19日、昨年の記事)

丸10年を迎える菊名の「ギャラリー弥平」、亡き創設者の思い継ぎ新たな落語イベント(2016年11月19日、ギャラリー弥平の紹介記事)

【参考リンク】

ギャラリー&スペース弥平の公式サイト

グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧