港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞
週間ランキング

この一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。先月(2018年3月)30日(金)から今月5日(木)までの7日間で計3万8081ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、3月30日(金)に公開した「パナソニックが工場跡地に“革新を生み出す街”、12社が参画する『綱島SST』が完成」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. パナソニックが工場跡地に“革新を生み出す街”、12社が参画する「綱島SST」が完成(1,777、3月30日)
    → Tsunashimaサスティナブル・スマートタウンは、米アップルの研究所誘致やユニーのショッピングセンター「アピタテラス」、野村不動産のマンション「プラウド」など“建物”面で注目が集まりましたが、その本質はパナソニックによる新事業創出と技術革新(イノベーション)の場として活用すること。20世紀の“工場”をこうした形で作り替えるのは斬新な試みで、次は大阪・吹田(すいた)市の工場跡でも挑戦するそうです。なお、綱島SSTに関する記事は日吉新聞でも多数扱っております
  2. 2018年の大倉山さくらまつりは3/31(土)、レモンロードで盛り上げの花植えも(1,549、3月19日)
    → 3週連続でランキング登場。ちょうど桜も見ごろで会場は盛り上がっており、来年以降も2月の観梅会とともに大倉山を代表する春の祭りとして、さらに拡充しそうな雰囲気を感じました
  3. <小中学校の異動>校長交代は篠原中や城郷中、大豆戸小・菊名小・大綱小などでも(777、4月2日)
    → 日吉・綱島・高田エリアを除き、港北区内では篠原や城郷など中学校3校と、大豆戸や大綱、菊名など小学校5校で校長が代わりました。城郷中学校では校長と副校長ともに変更となっています
  4. <相鉄直通線>羽沢横浜国大駅の建設は順調、JR側の次駅は「武蔵小杉」か(712、1月18日)
    → 12週連続でランキング登場となりました
  5. 新たな菊名駅は12/17(日)始動、“乗り換え専用改札”と1階のJR改札口は廃止(591、2017年11月23日)
    → 18週連続でランキング登場となりました。4カ月以上経った今でも菊名駅の変貌ぶりに驚く人は多い様子です
  6. <相次ぐ独企業の進出>今度は工業用接着剤メーカーが新横浜2丁目に日本法人(529、4月3日)
    → 限りなく新横浜に近い大豆戸町に清掃機器メーカーのケルヒャーが日本本社を置いたのを皮切りに、工業3Dプリンティング企業、そして今回の工業用接着剤メーカーとドイツ企業が新横浜に相次ぎ進出しており、さらにもう1社も本格営業を予定しています
  7. <新横浜駅>新幹線改札内で唯一のカフェ刷新、5/31(水)から新ブランド1号店に(390、2017年5月20日)
    → 検索エンジンで上位に出てしまうことによる久しぶりの「定番記事」登場。新横浜のカフェ一覧はこちらにまとめています
  8. 新横浜で相次ぎ大型アイスショー、アリーナで4公演、スケートセンターはGWに12公演(384、4月3日)
    → きのう6日から横浜アリーナで「スターズ・オン・アイス(STARS ON ICE)」が行われており、28日(土)からGW期間にはKOSE新横浜スケートセンターで「プリンスアイスワールド」が開かれます
  9. <新横浜駅前公園>鳥山川沿いの桜は3/27(火)現在「ほぼ満開」、散策で賑わう(381、3月27日)
    → 「満開の桜」には間に合ったでしょうか?今年は開花が早すぎたので、見逃した方も多かったのではないかと思われます
  10. ぺぺ地下の「フードウェイ」、4/7(土)に店内で30品が味見できる“大試食会”(373、4月5日)
    → 30品を一気に店内で試食を行うという試みできょう7日のみ開かれています

※日吉・綱島・高田エリアの週間ランキングはこちら

グーグルからの配信による広告