港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

2018年1月31日の募集締め切り後現在、横浜北地区の各公立高における競争倍率(県資料より)

今月(2018年2月)14日(水)に学力試験(平成30年度)が行われる神奈川県立と横浜市立などの公立高校入試で、先月31日時点での競争倍率が発表されました。今年は現時点で港北高校(大倉山7)の競争率が高く、新羽高校(新羽町)も昨年同時期と比べ志願者が増加。岸根高校(岸根町)は倍率を下げています。【2018年の「志願変更」期間後の記事はこちらをご覧ください】

港北高は今年4月入学者から定員を40人増としましたが、昨年同時点の1.09倍から1.50倍にまで競争率を上げているのが特徴です。来週5日(月)から7日(水)までの3日間にわたり、志願変更の受付が行われます。

港北区内と周辺の1月31日の志願締め切り時点での競争率は下記の通り。カッコ内は2017年同時期の競争率(左)と2017年の最終競争率(右)。学校名の部分から公式サイトへリンクしています。

【関連記事】

<志願変更後の2018年競争率>港北高と新羽高で緩和、岸根高は変わらず(2018年2月8日、志願変更締め切り後の競争率など)

<港北高校>来年度の募集定員は「40人増」の358人、生徒数が1000人に近づく(2017年11月10日)

【参考リンク】

平成30年度神奈川県公立高等学校一般募集共通選抜等の志願者数集計結果の概要(神奈川県)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)