港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞
週間ランキング

この一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。今年(2018年)からは毎週土曜日に連載を再開します。今月(2018年1月)5日(金)から11日(木)までの7日間で計3万6892ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、1月6日(土)に公開した「日本最大の『横浜市成人式』は1/8(月・祝)、アリーナ周辺の混雑に注意」の記事でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 日本最大の「横浜市成人式」は1/8(月・祝)、アリーナ周辺の混雑に注意(4,973、1月6日)
    → 横浜市の成人式会場が「横浜アリーナ」ということで毎年多く読まれていますが、今年は横浜市内中心部の業者による“振袖詐欺”といえるような事件が起きてしまったせいで全国的に大きな注目を浴び、さらに読まれることになってしまいました。こんなことで「港北区」の名が新年早々から全国に伝わり、被害者が多く出たことはまったく愉快ではありませんでした
  2. 新たな菊名駅は12/17(日)始動、“乗り換え専用改札”と1階のJR改札口は廃止(1,101、11月23日)
    → 6週連続でランキング登場、今年に入っても新しくなった菊名駅の記事は常に読まれ続けています
  3. グレイスホテル横の“ケーキ店兼カフェ”跡地は「セブンイレブン新横浜駅北店」(965、1月8日)
    → 駅北口広場の至近にセブンイレブンがオープンすることになりそうです
  4. 2018(平成30)年の「新横浜エリア」で予定・予測される出来事・イベントの一覧(703、1月4日)
    → 2018年に行われるイベントや開発の進捗などをまとめています
  5. <市が調査>今はまだ少ない「きたせん」利用者、2020年の“東名接続”が鍵(759、1月10日)
    → 横浜市民の知名度は一定数あるものの、利用した人がまだ少ないという結果でした。東名高速とつながり、馬場出入口が開通した時が転機となりそうです
  6. 新横浜第一公園の至近駐車場で再びマンション計画、10階建て36戸が2019年5月に(653、1月9日)
    → 新横浜1丁目では、環状2号線の両側(新幹線高架寄り/日産スタジアム寄り)でマンションの建設ラッシュといえる状況です。駐車場がまだ目立つため、相鉄・東急直通線の開通までは続くかもしれません
  7. “新横浜都心部”エリアの「羽沢」、相鉄直通線で新たな拠点駅と街が生まれる(578、2017年7月29日)
    → 羽沢駅に関する記事はインターネット上に少ないせいか今年も一定数読まれています
  8. <相鉄直通線>羽沢駅などJR直通側でレール敷設中、新横浜へはトンネル掘り進める(486、2017年9月29日)
    → こちらも前年から5週連続でランキング登場となりました
  9. <横浜アリーナ>2万3000人超が参加する「成人の日」、1/9(月・祝)に2回(461、2017年1月8日)
    → これは昨年の成人式の記事ですが、誤って読まれた方が多かったようです。すみません
  10. <新横浜駅>大きな荷物で困った時は「観光案内所」が味方に、預かりや配送もOK(386、2017年7月5日)
    → 帰省ラッシュなど長期休暇の余波で読まれたようです。新横浜の観光案内所はヤマト運輸が受託で運営していますので、他の案内所以上に荷物の取り扱いは得意といえます

※2018年の「週間ランキング」は毎週土曜日に掲載します

※日吉・綱島・高田エリアの週間ランキングはこちら

グーグルからの配信による広告