港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞
週間ランキング

週間ランキングこの一週間に読まれた記事のベスト10を紹介する「週間ランキング」。先月(2017年11月)25日(土)から12月1日(金)までの7日間で計3万5750ページが表示されたなかで、もっとも読まれた記事は、2週続けて11月23日に公開した「新たな菊名駅は12/17(日)始動、“乗り換え専用改札”と1階のJR改札口は廃止」でした。

読まれた記事のベスト10は以下の通りです。カッコ内は表示回数(ページビュー=PV)と記事公開日。

  1. 新たな菊名駅は12/17(日)始動、“乗り換え専用改札”と1階のJR改札口は廃止(1,984、11月23日)
    → 2週連続で1位でした。17日(日)以降の横浜線ホームはエスカレーターのある真ん中あたり(パチンコ「あーばん」付近)が混むことになるのでしょうか
  2. 菊名駅東口「鈴木ビル」がほぼ完成、1階に立ち食いそば・居酒屋、2階でクリニックも(1,799、11月25日)
    → 新たな「鈴木ビル」が今月から始動します。丸天ラーメンとカレー店スパイス亭がなくなったのは寂しいですが、新たな店が増えるのは楽しみなところです
  3. 新横浜駅のカフェと待ち合わせに使える店舗一覧、キュービックプラザ&北口広場(898、11月27日)
    → 「新横浜駅 構内 カフェ」で検索すると、新幹線待合室のカフェに関するページがヒットする傾向がありましたので、新たに「便利ページ」としてまとめてみました
  4. <きたせん・馬場出入口>周辺の地盤沈下で「補修工事は21件」、国が総理大臣名で回答(833、11月29日)
    → 横浜市はこれまで明らかにしなかったのですが、国が内閣総理大臣名で公開しました。この文書質問を行った宮本徹衆院議員は、きたせんの地盤沈下について、さらに再質問も行っています。一方、地盤沈下の被害によって馬場出入口の開業時期への影響がどうなるのかが気がかりなところです
  5. <横浜線・新横浜駅>安全確保へ速やかに“ホームドア”導入を、県などが新要望(790、11月25日)
    → 神奈川県と横浜市などの自治体による団体が今年も要望書を提出しました。ほぼ例年通りの内容でしたが、今回はホームドアの早急設置要望が新たに加わっています
  6. 菊名駅のバリアフリー部分は12月に供用開始、「工期短縮を図れた」と市が表明(675、10月12日)
    → 12月に“前倒し開通”することは、横浜市会で10月12日に表明されたのが最初でした
  7. “新横浜都心部”エリアの「羽沢」、相鉄直通線で新たな拠点駅と街が生まれる(636、11月16日)
    → 3週連続のランキング登場となりました
  8. きたせんの“新横浜換気塔”などがグッドデザイン賞、「非常に質が高い」(583、11月28日)
    → きたせんでは新横浜公園の先に見える「大熊川トラス橋」も優れた橋梁(きょうりょう)として「土木学会田中賞」を受けており、今回の換気塔も含め、周辺の風景にインパクトを与えています
  9. <相鉄直通線>羽沢駅などJR直通側でレール敷設中、新横浜へはトンネル掘り進める(457、9月29日)
    → 久しぶりの登場となりました。2020年3月までに工事が完成する予定の羽沢駅。注目が高まっているようです
  10. 菊名・大倉山両駅から徒歩10分、環状2号沿い「市有地」は大和ハウスが53戸賃貸に(415、11月24日)
    → 2週連続のランキング登場となりました
グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧