港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

港北PA(パーキングエリア)で10月6日(水)から販売が開始される発酵熟成肉を使った「和牛ローストビーフ丼」(税込1080円)(ネクスコ中日本の告知ページより)

日本で初めての製造技術を使った「発酵熟成肉」が高速道路のパーキングエリア(PA)でいち早く提供されます。緑区にある東名高速道路の「港北PA」(名古屋方面=下り線)では、今月(2017年10月)6日(金)から「和牛ローストビーフ丼」(税込1080円)の販売が行われます。

今回販売が始まる発酵熟成肉は、明治大学が産学連携で開発した「エイジングシート」という新しい製造技術を用いており、短期間で熟成を進行させることが可能だとのこと。「口どけがよく、香り高い」(ネクスコ中日本)のが特徴です。今月26日からはハンバーガーチェーン「ファーストキッチン」の125店舗でも「発酵熟成肉和牛バーガー」(1000円~1800円)の発売が予定されており、同PAでは一足早く発酵熟成肉を味わえることになります。

港北PAは一般道からも出入りできる“ぷらっとパーク”が設けられている(案内ページより)

港北PAは東名高速道路の「横浜青葉インターチェンジ」(青葉区)の近くにあり、上下線に飲食店や休憩スペースなどが設けられています。

いずれも高速道路の利用者だけでなく、一般道からも利用できる「ぷらっとパーク」が設けられており、公共交通機関を通じてのアクセスも可能です。

発酵熟成肉を使った和牛ローストビーフ丼は、下り線のフードコート(横濱うまいもん亭)で11時から20時まで販売するとのことです。

【参考リンク】

港北PA(パーキングエリア)の案内(NEXCO中日本)

【発酵熟成肉】まもなく販売開始!(NEXCO中日本)

ぷらっとパーク港北PA(下り線)の地図(NEXCO中日本、一般道からの出入口)

ぷらっとパーク港北PA(下り線)の位置(一般道からの出入口、グーグルマップ)※東急バス「青82系統」(青葉台駅~みどり台)で青葉台駅から7~8分、「北八朔(はっさく)公園東名口」バス停下車後徒歩5分、または「青81系統」(青葉台駅~中山駅北口※本数少ない)の「北八朔公園入口バス停」からも徒歩6分程度

関連スポンサー広告(グーグルから配信)