港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

右側が駅篠原口から続く通称「坊海道(ぼうがやと)」

新横浜駅の篠原口から徒歩7~8分、篠原町の丘を切り拓いた16棟の建売分譲地「グローイングスクエア新横浜」の第二期として2棟が販売されています。

篠原口から岸根公園方面へ抜ける坊海道(ぼうがやと)と呼ばれる主要道沿いで、かつて木々が生い茂っていた丘を造成した同分譲地では、すでに入居が始まっており、今回販売分は木造2階建ての4LDKで6540万円と6670万円との価格が示されています。

グローイングスクエア新横浜の公式サイト

売主は杉並区阿佐谷南に本社を置く細田工務店で、グローイング・シリーズは同社の分譲住宅ブランド。今回販売の物件は今年(2017年)2月に竣工しているとのことです。

なお、グローイングスクエア新横浜の隣地となる岸根公園寄りの丘(約1852平方メートル)も切り崩して6戸の一戸建て住宅を建設する計画が今月(2016年6月)12日に現地看板(標識)によって明かされており、開発事業者は緑野丘企画となっています。

【関連記事】

篠原口から徒歩3分の住宅分譲、「セキュレア新横浜」の半分以上が成約済み(2017年4月30日、相鉄直通線の開通を見据え篠原口では一戸建て建設が活発)

もう一つの新横浜駅、篠原口のレトロな2店で「ちゃんぽん」と「唐揚げ」を味わう(2017年2月13日、今回の分譲地近く)

【参考リンク】

グローイングスクエア新横浜の公式サイト

グローイングスクエア新横浜 スカイテラス街区第2期(SUUMO関東版)

グーグルからの配信による広告

カテゴリ別記事一覧