港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

「臨港バス」の記事一覧

川崎鶴見臨港バス(臨港バス)は来月(2017年11月)で創立80周年を迎えます。記念企画として「バス会社では類を見ない」(同社)という「運賃無料デー」を11月19日に設定するほか、公式キャラクターや企業ロゴの新設も行われ …

今年も夏休み中にずっと臨港バスが乗り放題となる小学生向けパスが発売されます。川崎鶴見臨港バスは、2017年7月13日(木)から8月10日(木)まで、小学生1名が1000円で夏休み期間中(7月20日~8月31日)まで乗り放 …

新横浜駅と鶴見駅の間を走るバス路線は、なぜ横浜市営と川崎鶴見臨港がほぼ同じ時間に走らせているのか、非効率なのでは――。そんな声が横浜市の「市民の提案」に寄せられ、市交通局が回答しています。確かに横浜アリーナ前や港北車庫前 …

川崎鶴見臨港バス(臨港バス)は今月(2017年3月)22日ごろに公式サイトを一新しました。コンテンツはこれまでと大きく変わりませんが、特にスマートフォンで時刻表や乗り場案内などへアクセスしやすくなりました。 これまで同社 …

川崎鶴見臨港バス(臨港バス)と京浜急行バス(京急バス)は、共同運行している新横浜から羽田空港への高速バス「新横浜羽田空港線」について、来月(2017年4月)1日(土)から「横浜北線(きたせん)」経由にルートを変更するとと …

昨日(2016年12月)4日(日)に行われた川崎鶴見臨港バス(臨港バス)のストライキでは、同社全37路線のうち、路線維持のために横浜市から補助金を受けている「鶴11系統」(鶴見駅東口~江ヶ崎)の1路線を除き、新横浜と羽田 …

【なお、12月5日(月)は始発から平常運行となります】川崎鶴見臨港バス(臨港バス)は、同社の臨港バス交通労働組合(幸区神明町)と行っていた労使交渉が決裂し、きょう(2016年12月)4日(日)の始発から24時間のストライ …

【追記12月4日(日)5時時点】臨港バスでは、労使の交渉が決裂し、12月4日(日)始発から24時間ストライキに突入しました。労組の要求は「バス運転者の労働時間などの改善基準」ほか4項目。「不足する運転士の仕事は残業でカバ …

川崎鶴見臨港バス(臨港バス)は2016年7月25日(月)から新横浜駅発着の「鶴02系統」など5路線で平日ダイヤの一部を見直すと発表しました。 鶴02系統は、臨港バスでは羽田空港への共同運行路線を除き、唯一の新横浜駅への乗 …