港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

「横浜市交通局」の記事一覧

今月(2017年7月)21日(金)(※東急バスは20日から)8月31日(木)まで、横浜市交通局と東急バスでは、子ども運賃を地下鉄全区間を110円、バスは50円とする恒例のキャンペーンを行います。 ブルーラインなどの市営地 …

今年(2017年)の秋も新羽車両基地(北新横浜1)が公開されることになりました。横浜市交通局は恒例の顧客感謝イベント「はまりんフェスタ」を10月28日(土)に2年連続で新羽基地で行うことを発表するとともに、沿線の企業や団 …

港北区内で増え続ける「オレオレ詐欺」と「還付金詐欺(振り込め詐欺)」を少しでも減らす――。港北警察署はこのほど独自の啓発ポスターを作成し、横浜市交通局の港北営業所(大豆戸町)の協力を得て、同営業所管内を走るバス90台への …

地下鉄の「車両基地」はどんな仕事をしているのでしょうか――。横浜市交通局は「子どもアドベンチャー」と題した小中学生向けの仕事体験プログラムの一環で、北新横浜駅近くの新羽車両基地で鉄道作業車両の乗車体験やレール締結装置・転 …

新横浜駅と鶴見駅の間を走るバス路線は、なぜ横浜市営と川崎鶴見臨港がほぼ同じ時間に走らせているのか、非効率なのでは――。そんな声が横浜市の「市民の提案」に寄せられ、市交通局が回答しています。確かに横浜アリーナ前や港北車庫前 …

横浜市交通局は新羽駅の上下線ホームに冷房付待合所を設置するため、来月(2017年6月)1日から8月末まで工事を行うと発表しました。 新羽駅の湘南台方面行1・2番線の4号車付近、あざみ野方面行3・4番線の3~4号車付近にそ …

今月(2017年3月)25日(土)から4月4日(火)までの11日間、横浜市交通局と東急バスでは子ども運賃を地下鉄全区間を110円、バスは50円とするキャンペーンを行います。 ブルーラインなどの市営地下鉄はどこまで乗っても …

横浜市交通局は今月(2017年3月)10日から4月9日(日)まで、ディズニー映画の最新作「モアナと伝説の海」とタイアップしたスタンプラリーを行っており、ブルーライン・新横浜駅など地下鉄5駅にスタンプ台が設置されています。 …

横浜市営交通は今月(2017年3月)25日(土)に市バスのダイヤ改正を行うと発表しました。今回は港北区内を走る路線に改正の対象路線はなく、新横浜駅を発着する「129系統」の新横浜駅~旭硝子~鶴ヶ峰駅間の路線で早朝に旭硝子 …

横浜市営バスの「通学定期券」の購入要件が緩和される方針であることがわかりました。来年(2018年)3月からは、高校や専門学校、大学などに在籍していれば利用目的を問わず通学定期券を買えるようになるといいます。昨日(2017 …

このほど横浜市が公表した平成28年度(2016年度)の「包括外部監査の結果に関する報告書」では、交通局が運行するバス路線の約6割が赤字であることから、「赤字路線の改善や赤字縮減の目標・方針を取りまとめ、進捗状況の管理や見 …

横浜市交通局は新羽駅に冷房付きの待合室を設置する計画があることがわかりました。設置工事の入札情報によると、今年(2017年)6月30日までに工事を終えることとしています。 新羽駅のほかにグリーンラインの川和町駅と合わせ、 …