港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

「保育所整備」の記事一覧

横浜市は今年(2017年)10月1日現在の待機児童数について、港北区は302人と発表しました。これは市内18区で最悪の数字です。これまで実態が反映されていないとされてきた「待機児童」の定義をあらため、今回から育児休業中で …

港北区内の駅近くで認可保育所が足りません。横浜市は2年後の2019年4月に整備する保育所について、今月(2017年10月)現在の「整備が必要な地域」として大倉山駅や妙蓮寺駅の周辺に加え、新横浜駅から徒歩10分以内の篠原町 …

来年(2018年=平成30年度)4月に入園となる横浜市の認可保育所・小規模保育所(小規模保育事業)の申し込みシーズンとなりました。きのう(10月)13日(金)から利用案内の公開と配布が始まり、来月(11月)6日(月)まで …

横浜市はこのほど来年(2018年4月)に新設する認可保育所の一覧を公開し、港北区内では認可6園と小規模保育所(小規模保育事業)1園を新設して392人分の入所定員を新たに確保することに加え、「横浜保育室」の3園を認可園とす …

新横浜3丁目の新横浜ビジネスセンタービルの隣で建設を予定している5階建てビル内に、認可保育所が新設されることがわかりました。横浜市の発表によると、新横浜2丁目のKM第一ビルディング1階で運営している横浜保育室「クレシュ新 …

綱島街道沿いの樽町1丁目で営業し、先月(2017年4月)24日に閉店したレストラン「サンマルク大倉山店」の跡地に認可保育所が新設されることがわかりました。横浜市の発表によると、西区に本社を置く株式会社理究による「(仮称) …

港北区内で希望する認可保育所などへ入れない「保留児童」の数は昨年の同じ時期から19人増えて583人でした。今月(2017年4月)1日現在の数字を横浜市が発表したもので、港北区内では昨年度(2016年4月~2017年3月) …