港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

新横浜新聞(しんよこ新聞)の掲載方針について

新横浜新聞(しんよこ新聞)では、以下の基準によって記事を掲載しています。

1.新横浜周辺地域と関係する情報
  • 新横浜周辺エリア(主に横浜市港北区の南部)に居住(企業含む)・通勤・通学する人に関係している情報が対象

(※)日吉・綱島・高田エリア(主に港北区内北部とその周辺)は関連サイトの「横浜日吉新聞」でカバーしています

 

2.ニュース性のある情報(地域の関心の高い情報)

<「ニュース性」の考え方の一例>

  1. たとえば、いつも行列しているラーメン店のニュース性 → いつも行列しているので行列自体に珍しさはなく、ニュース性は低い。(※「なぜ行列しているのか」を深く調べて解き明かせば記事としての価値はある)
  2. たとえば、いつも閑古鳥のラーメン店に大行列ができている → 普段起こりえないことが起きている点でニュース性がある
  3. 事件・事故については、地域の防災・防犯に資する内容以外は基本的に掲載しない(事件事故の捜査・事実確認等に時間が膨大にかかる場合があり、客観的な事実は関係機関にしか知りえないことが多いため)

<地域の関心の高い情報の考え方の一例>

  1. 開店や閉店情報
    ただし、業種や内容、状況によっては掲載しない場合がある
  2. 開発や建設情報
    周辺の風景が変わったり、人の流れが変わったり、また生活環境が変わったりする可能性があり、読者の関心がきわめて高い
  3. 地域のイベントや催し
    ・地縁団体(自治会・町内会)や商店街、行政、公共施設などが主催するイベント・催し
    ・地域の団体・有志などが主催するイベント・催し(ただし入場料等はおおむね1000円前後までであり、開催趣旨が誰でも理解できるような内容であること)
    ・民間企業が主催するイベント・催し(入場料等はおおむね1000円前後までであり、開催趣旨が誰でも理解できるような内容であること。例え無料や安価な費用であっても、明らかに営業・販促色が強いイベントは対象外、ただし「協賛(提供)記事」の場合は除く)

※掲載から原則除外するもの

  1. 保育園・幼稚園・小学校など乳幼児・児童が関係するイベント・催し(学校行事)は安全上の観点から主催者(責任者)からの依頼があり、かつ広く一般に公開された地域向けイベントや、実施したものが広く社会的貢献性や影響を与える事案についてのみ掲載(中学生以上は公開イベントを中心に積極的な掲載を検討)
  2. 町内会・自治会が主催するイベント・催しは、地域に広く開かれた「盆踊り」「秋祭り」などを除き、基本的に会員(入会者)向けに行われるため、主催者が望む場合や、社会性が高いもの(防犯・防災、行政主導のものなど)を除いては掲載しない
  3. 民間企業・団体が主催するイベント・催しは、主催者の存在と開催趣旨が明確であり、「掲載ガイドライン」(下部の「5」参照)に反しないことを最低条件とする。また、参加対象者を極端に絞った内容(例:趣味性・専門性が高いもの、参加者の年齢や性別等が絞られるもの)は、読者層が狭まることにより関心が低くなる傾向が高い(記事が読まれづらい)ため掲載が難しい

<メディアの特性>

  • 「○○が行われた」という事後レポート的な内容より、「これから○○が行われる」の事前告知型の内容を積極的に掲載する(事前告知による賑わい創出、地域コミュニティーづくりに貢献するため)

 

3.公共性や公益性が高い情報
  1. 多くの人に関係が生じてくる事項
    <一例>道路が改良される、小学校が建て替えられる、大きなマンションができる、地元企業の動向、防犯・防災情報など
  2. 公的機関や交通機関、学校、地域団体などによる動き(地域社会との関連)
  3. 地域に貢献している団体や人の紹介
    ただし、幼児・児童は安全性の面から積極的に掲載しない。また未成年者は保護者の許諾がある場合のみ掲載
  4. 地域の店舗・企業の動向
    ただし、飲食店等の場合は「幼児・小学生の子どもとともに訪問できるような店」ではない場合は積極的に掲載しない

※公益性の判断が難しく、掲載から原則除外するもの

  1. 直接的に生活に影響を与えにくい金融関連(生命保険、株、投資等)
  2. 特に販売面で地域内で競合する不動産関連(但し「協賛(提供)記事」の場合は除く)
  3. 自身の企業・団体等で公式サイトやSNSが実在しない、また実在した場合でも、過去1年~直前までの間に積極的に更新がなされず、該当する案件の情報記載や所在地、責任者・連絡先の記載がない場合、実名でない個人サイトやなりすましなど、サイトの真偽が疑わしい場合(公的情報との判断が困難なため)

 

4.連載などの「企画」テーマに合致している情報
  • エリア内の飲食店を紹介する「グルメレポート」(2017年11月現在)を不定期連載中
    ※なお、一般的な利用者目線による連載記事のため、取材依頼は受け付けていません

 

5.「掲載ガイドライン」に反しない内容であること

以下に該当する場合は、記事・提供(協賛)記事・バナー広告も含め新横浜新聞(しんよこ新聞)上では一切掲載いたしません。また、一旦掲載した場合でも、下記が判明した場合は予告なく削除することがあります。

米グーグル社配信の広告「アドセンス」の場合、疑わしいジャンルからの広告配信を行わないよう設定していますが、他のジャンルでも疑わしいまたは不快と思われる内容の公告を発見次第、該当広告を停止しています。

  • 公序良俗に反する内容
  • 政治的主張 ※公人である議員の活動などは除外。ただし、港北区内に関係のない事項や思想的な内容は掲載しない
  • 宗教関連 ※歴史的な経緯において、宗教的施設(例:神社・寺・教会など)を通じて地域に溶け込んだ存在である場合を除く
  • ギャンブル
  • 誇大広告が疑わしい内容
  • 過度な美容や整形、サプリメント等
  • 広告表現が法令に合致しているかの判断が難しく、かつ横浜市などが基準としている自治体における広告掲載ガイドラインに適合しないマッサージ、整体、医療、医療行為等
  • 実体が疑わしい商品やサービス、マルチ商法
  • 過度に成果を煽った習い事や塾関連
  • 消費者金融
  • 所在地・責任者・運営者氏名が明確でない場合
  • 法令等に基づく必要な許可等を受けることなく業を行う、もしくは法令違反の疑いがある場合
  • 社会問題を起こしている、または起こす可能性がある場合(当法人・編集部判断による)
  • 風俗営業及び風俗営業類似の場合
  • 反社会的勢力との関係がある、もしくは疑わしい場合

※掲載できない、または取り止めになる場合の理由は開示しておりません

以上、掲載基準は運営状況により見直すことがあります。

公開日:2017年12月1日、最終更新日:2017年12月1日