港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

「再開発・新建設」の記事一覧

新横浜や周辺エリアでの再開発や新建設などの情報をまとめています

JR横浜線側の「篠原口」から徒歩3分程度の篠原町表谷(おもてや)地区で分譲中の「セキュレア新横浜」(大和ハウス工業)で66区画のうち37区画がすでに成約済みであると新聞折り込みチラシで明かしました。ゴールデンウイーク中の …

港北警察署の隣地で建設が続いている日本赤十字社の「神奈川県赤十字血液センター」(大豆戸町680)は、今年(2017年)7月2日に開所となることがわかりました。同センターによると、職員約100人が勤務し、輸血用血液を集約し …

将来的に東急東横線や目黒線の沿線から羽田空港が近くなるかもしれません。東京都大田区は東急・多摩川線と京急・空港線をつなぐ「蒲蒲(かまかま)線」について、整備を行うための第三セクター設立を目指していることが明らかになり、実 …

菊名駅西口駅前にラーメン店「鶴壱(つるいち)家」が来月(2017年5月)中旬にオープンするとの求人が情報サイト「タウンワーク」に掲載されています。開店場所は「キッチンオリジン菊名店」(大豆戸町2299)の隣にあったアイ調 …

新横浜3丁目で2棟のビル建設計画があることがわかりました。現地の建築標識(看板)によると、駅に近い環状2号線沿いの中古車ディーラー跡地には9階建ての「寄宿舎・事務所」、ユニゾ新横浜ビル裏手の駐車場跡地には5階建ての「事務 …

2017(平成29年)度中(2018年3月まで)の完成を目指して菊名駅で行われているJR横浜線の駅舎新設などのバリアフリー工事で、JR東日本は駅舎内の階段位置を東急との連絡改札口寄りに移動させるとともに、横浜線ホームの階 …

小机駅前(南口)の「再開発」計画について、当初事業を終了する予定だった2016(平成28)年度から2021(平成33)年度(2022年3月末)にまで“延長”されていたことが横浜市報によって明らかになりました。 この計画は …

港北区の医療が新しい時代へ――港北区医師会館(一般社団法人横浜市港北区医師会)と、港北区休日急患診療所など4施設を運営する「港北医療センター」が、来月(2017年)4月に、現在地の港北区菊名4丁目から菊名7丁目の環状2号 …

新横浜駅篠原口側の再開発計画地域「新横浜駅南部地区」について、横浜市都市整備局は2017年度に昨年度より50万円多い918万円の予算を計上し、駅前エリアの地権者と引き続き意見交換会や勉強会を行いながら、再開発事業を行うた …

一昨日(2017年3月)18日(土)に高速道路「横浜北線(通称:きたせん=K7)」が開通し、新横浜をはじめとした港北区エリアから羽田空港など都心方面へのアクセス改善が図られましたが、高速道路ネットワークという面で考えると …

新横浜1丁目の「新横浜第一公園」に近い駐車場跡地で建設が進められているマンションは、都内大田区に本社を置く山田建設による「ミオカステーロ新横浜4」となることがわかりました。今月(2017年3月)18日(土)から篠原口駅前 …

妙蓮寺駅前で古くから営業し、昨年(2016年)12月で閉店した文具・タバコ店「さのや」(菊名1)の跡地は「ファミリーマート妙蓮寺駅前店」となることがわかりました。ファミリーマートの公式求人情報によると、今月(2017年3 …