港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

今週(2017年12月)6日(水)夜トークイベント「港福一夜城(こうふくいちやじょう)」(港福城プロジェクト主催)の6回目となる「はしからはしまで放課後トーク」が港北公会堂で開かれます。

12月6日(水)夜に港北公会堂で行われる「港福一夜城VOL6~はしからはしまで放課後トーーク」のチラシ(港福一夜城のFacebookページより)

港福一夜城は、福祉や保育、教育に関心のある人を対象に毎回さまざまなテーマで議論し、現状と未来を考えながら参加者間で学び合うトークイベント。今回は「子どもの放課後」をテーマとし、区内で主に小学生向けの放課後事業などに関わる5人が登壇します。

イベントでは、障がい児が放課後を過ごす「放課後等デイサービス」の「ぼっこぼっこ」(樽町1丁目)の石黒重成さん、「下田学童保育所」(下田町4)の黒須悟士さん、太尾小学校(大倉山7)の「放課後キッズクラブ」から黒田瑞枝さん、子どもの遊び場づくりに関わるプレーリーダー・遊び環境コーディネーターの高橋利道さん、「キッズベースキャンプ日吉」(箕輪町1)の広田詩織さんの5人が登壇するほか、聞き手は青少年の居場所を提供する事業を都筑区北山田で行っているNPO法人アーモンドコミュニテイネットワークの水谷裕子さんがつとめます。

開催時間は18時30分から20時30分まで、参加費は500円となっています。

【関連記事】

港北区のまちづくりや地域福祉を語り学ぶイベント、3/23(木)夜に菊名で(2017年3月8日)

【参考リンク】

港福一夜城VOL6~はしからはしまで放課後トーークの案内・申し込みページ(こくちーず(告知’S).)

港福一夜城のFacebookページ

関連スポンサー広告(グーグルから配信)