港北区の都心・新横浜と篠原・大豆戸・菊名・小机・新羽などの地域情報を伝えるインターネット新聞

横浜生まれで明治期に活躍した思想家の岡倉天心(覚三)の美術研究者としての業績に焦点を当てた公開講演会「美術雑誌『国華』の創刊と岡倉天心」が今月(2017年11月)25日(土)に菊名地区センターで開かれます。

公開講演会「美術雑誌『国華』の創刊と岡倉天心」についてのチラシ(大倉精神文化研究所のサイトより)

大倉精神文化研究所と岡倉天心市民研究会の共催によるもので、当初は大倉山記念館ホールでの開催が予定されていましたが、菊名地区センターに会場を変更し、15時から16時30分まで開かれます。

当日は神奈川県立歴史博物館の主任学芸員である角田拓朗さんを招き、美術研究雑誌『国華』と天心にまつわる研究成果を踏まえた内容となる予定です。入場は無料で、事前予約の必要はないとのことです。

【参考リンク】

大倉精神文化研究所・岡倉天心市民研究会共催 公開講演会「美術雑誌『国華』の創刊と岡倉天心」について(大倉精神文化研究所)

関連スポンサー広告(グーグルから配信)